線形解析と非線形解析

線形解析 非線形解析
  • 応力とひずみが常に比例関係(弾性範囲)。
  • 変形、変位が微小なもの。
  • 計算の途中で接触状態や荷重、拘束条件が変化しないもの。
  • 材料非線形:応力とひずみが比例関係にない(弾性・塑性)。
  • 幾何非線形:変形が元の形状に対して大きい。
  • 境界非線形:計算の途中で接触状態や荷重、拘束条件が変わるもの。

線形解析と非線形解析のグラフ

PAGE TOP