材料非線形

単純引張試験において、金属材料は一般的に下図のような挙動をします。
「線形解析では降伏応力を超えても常にヤング率は変わらない」という仮定のもと計算するため材料の塑性域では不正確な結果となります。

例:樹脂・ゴム製品、プレス成形など

単純引張試験における金属の挙動グラフ

PAGE TOP