弾性座屈解析

細長い形状や薄い形状に圧縮荷重が加えられたとき、限度を超えると急激に変形が大きくなります。このことを「座屈現象」といいます。その限度になる荷重のことを「臨界座屈荷重」といい、シミュレーションにより求めることが可能です。

応力計算では問題なかった製品が座屈により破壊してしまうケースがあります。

例:シャフト、建築物など

弾性座屈解析のイメージ

PAGE TOP