• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CASE2 : フィレットやドラフトが作成できません!

操作を進めていくうちに形状が複雑になってしまって、最終的にフィレットやドラフトが作成できなくなってしまいます。どうしたらいいでしょうか?

CATIA なら大丈夫です!

CATIAは自動車・航空業界で多く採用されているように、元々曲面生成機能に優れています。また単純な形状(プリミティブ)を最終的に演算(足し算・引き算等)して1つにするボディ設計より、形状部位の流用が容易になりフィレットやドラフトを作成しやすくなります。

効率的鋳物設計を再生する

ソリューションムービー一覧

おすすめ情報

CATIA V5 の基本が学べる!日程・用途に応じて選べる2コース!
「速習」&「基礎」

「CATIA V5 速習」(2日間)

要点に的を絞り、一連の基本操作をわずか2日間で習得できます。「必要なポイントを効率よく押さえたい」という方におすすめです!

「CATIA V5 基礎」(5日間)

演習を交えながら、基本操作を習得できます。コマンド詳細や基本的なナレッジ機能の紹介を含む、内容の濃い5日間コースです。

PAGE TOP