• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CASE3 : 設計意図を含んだ類似形状が流用できません!

類似形状を作成するのに毎回繰り返し作業をしています。
全く同じ形をしているのではなく、周辺形状が異なっていたり、値がその都度変わったり微妙に形状が異なります。どうしたらいいでしょうか?

CATIA なら大丈夫です!

CATIAのフィーチャー流用機能(パワーコピー)で値違いの形状作成ができます。又環境(形状)の異なる貼り付け箇所に流用する場合も設計意図を自動判断して環境に合わせた形状作成を行ないます。設計意図や判断を含んだフレキシブル形状の登録が出来ます。

設計自動化ナレッジテンプレートを再生する

ソリューションムービー一覧

おすすめ情報

CATIA V5 の基本が学べる!日程・用途に応じて選べる2コース!
「速習」&「基礎」

「CATIA V5 速習」(2日間)

要点に的を絞り、一連の基本操作をわずか2日間で習得できます。「必要なポイントを効率よく押さえたい」という方におすすめです!

「CATIA V5 基礎」(5日間)

演習を交えながら、基本操作を習得できます。コマンド詳細や基本的なナレッジ機能の紹介を含む、内容の濃い5日間コースです。

PAGE TOP