• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SOLIDWORKS アクティベーション導入について

SOLIDWORKS ネットワークライセンスをお使いのお客様へ

平素はSOLIDWORKS製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
さて、SOLIDWORKS2010バージョンよりネットワークライセンス(SNL)において、アクティベーションによるライセンス認証方式を導入することになりました。SNLをお使いのお客様におかれましては、下記及びFAQをご確認の上、ご理解・ご了承賜りますようお願い申し上げます。

導入時期

SOLIDWORKS2010 SP0 バージョン以降

対象ライセンス

Commercial / University Research版の下記製品ネットワークライセンス

  • SOLIDWORKS Standard
  • SOLIDWORKS Office
  • SOLIDWORKS Professional
  • SOLIDWORKS Premium
  • SOLIDWORKS Premium with SOLIDWORKS Simulation Professional / Premium

アクティベーション後のドングルについて

Flexドングルは、必ずご返却ください。

既存のネットワークドングルは、SNLアクティベーション実施後30日以内に 大塚商会担当営業もしくはサポート担当までご返却いただく必要がございます。

※ご返却いただけない場合、ペナルティ料金が発生いたしますので、ご注意下さい。

パラレルドングル

パラレルドングル

USBドングル

USBドングル

主な変更点

シリアル番号

SW2010バージョン以降に新規ネットワークを構築する場合は、「9010」で始まる24桁のシリアル番号が発行されます。
※既存のユーザ様は、既存のシリアル番号を引き続きご使用いただけます。

ライセンス認証

2010以降のバージョンのSNLアドミニストレータをインストール後、ライセンスサーバーにてアクティベーションを実行 してください。アクティベーション方法につきましては、インストールガイド中の「Part Ⅱ SOLIDWORKS SolidNetWork ライセンス(SNL)サーバーインストール」をご参照いただけますようお願い申し上げます。なお、インストールガイド、各種ドキュメントは下記URLにて閲覧・ダウンロード(PDF形式)が可能ですので、ご一読くださいますようお願いいたします。

http://www.solidworks.co.jp/install/

SNLアクティベーションに関するQ&A

Q1.SolidNetWork License (SNL)アクティベーションとは何ですか?
A.SolidNetWork License (SNL) アクティベーションは、スタンドアロンライセンスのアクティベーションが拡張した機能になります インストールの過程において、SOLIDWORKS製品の正規ユーザ様を安全にかつスムースに認証するプロセスです。このプロセスによって、シリアル番号が有効であることが確認され、またライセンス契約書によって許諾されている規定数を超えるコンピュータで使用されないよう制限されます。アクティベーションによって、正規ユーザ様が使用するSOLIDWORKS 製品の機能が変わることはありません。「ライセンスアクティベーションに関するFAQ(スタンドアロン版用)」も合わせてご参照ください。
https://supportswj.solidworks.co.jp/pages/services/solidnetworklicense.html
Q2.ライセンスサーバー上どのような手順でSNL アクティベーションを実行する事ができますか?
A.インストレーションマネジャーで、SolidNetwork License(SNL)アドミニストレータをインストールしてください。SNLアドミニストレータのインストール過程で、24 桁(または16 桁)のSNL シリアル番号を入力し、インストールを実行してください。インストールが完了後、SNL アドミニストレータが起動してください。「今アクティブ化しますか?」というダイアログに対し、「はい」をクリックし、画面に従ってアクティベーションを実行してください。
Q3.ドングルを使用したライセンス認証と、SNL アクティベーションの違いは何ですか?
A.ドングルを使用したライセンス認証は、ドングル本体とドングルに対応するライセンスファイルが必要ですが、SNL アクティベーションは、ドングルとライセンスファイルは不要となり、ライセンスの納期及び設定等に要する時間を大幅に短縮できます。
Q4.ユーザはEmail でSNL アクティベーションを実行する事ができますか?
A.はい、できます。
SNL ライセンスアドミニストレータのEmail によるアクティベーション用ウィザードに従って、実行してください。ただし、アクティベーションリクエストファイル送信後、返信メールに添付されているレスポンスファイルをライセンスサーバーへ読み込む作業が発生しますので、簡単なインターネットによるアクティベーションを推奨しています。
Q5.SNL アクティベーションはいつ導入される予定ですか?
A.SOLIDWORKS CAD 製品及びSimulation 製品全てのユーザを対象としたSNL アクティベーションは、SOLIDWORKS2010 SP0 で導入される予定です。
Q6.教育版における SNL アクティベーションはいつ導入される予定ですか?
A.教育版については、SOLIDWORKS 教育版 Edition 2010-2011 バージョンで導入される予定です。
Q7.SNL アクティベーションはどのように行われますか?
A.SNL アクティベーションは、ソリッドワークス製品を初めて使用する際に行う簡単なプロセスです。 ソリッドワークス社のアクティベーションシステムが、インストールの際に入力したシリアル番号についてライセンス認証を行い、ライセンスサーバーで認識されるべき製品をアクティブ化します。アクティベーションが完了すると、クライアント側においてライセンスを使用する事ができるようになります。アクティベーションのプロセスはスピーディ且つ簡単で、殆どのユーザは、メジャーバージョン毎に一度だけ行えばよい作業になります。
Q8.SNL アクティベーションでサポートしているOSを教えてください。
A.下記サイトに掲載している動作環境をご参照ください。
https://supportswj.solidworks.co.jp/pages/services/systemrequirements.html
Q9.ライセンストランスファーはどのように行えばよいですか?
A.SNL ライセンスアドミニストレータを起動し、[変更]ボタンをクリックしてください。既にアクティベーション済みの場合は、ここで、トランスファーというオプションが表示されます。
Q10.アクティベーションが必要となる対象ユーザを教えてください。
A.SOLIDWORKS 2010 バージョンを使用するSOLIDWORKS CAD 製品及びSimulation 製品全てのネットワークライセンスユーザが対象となります。
Q11.いつまでにアクティベーションを実行しなければいけませんか?
A.W2010 へアップグレードする場合は、アップグレード完了後直ぐにアクティベーションを実行する必要があります。SNL アクティベーションには、試用期間がありませんのでご注意下さい。
Q12.既存のネットワークドングルはどうすれば良いですか?
A.既存のネットワークドングルは、SNL アクティベーション実施後20日以内に 大塚商会担当営業、もしくはサポート担当 へご返却いただかない場合は、対象となる全ライセンスの正規販売価格をSWJから請求される場合がありますのでご注意下さい。
Q13.SOLIDWORKS 2009 以前のバージョンについて、ライセンスファイルをCustomer Portal から引き続き取得できますか?
A.SOLIDWORKS 2010 以降のバージョンへアップグレードしない限り、ライセンスファイルの取得は可能です。SOLIDWORKS2010 以降のバージョンへアップグレードした場合は、アクティベーションによるライセンス認証を行い、既存のネットワークドングルは返却して頂く事になりますので、Customer Portal からのライセンスファイルの取得は不要になります。
Q14.既存のネットワークライセンスについて、ライセンスを増設したい場合はどのようにすればよいですか?
A.増設をご希望の場合は、追加するライセンスのご発注が必要になります。ソリッドワークス社において追加ライセンスの受注処理完了後、再アクティベーションして頂く事で、変更後のライセンス数をご使用頂けます。
Q15.SOLIDWORKS 2010 以降のバージョンへアップグレードが可能になるまで、SOLIDWORKS 2009 をドングルで使用し続けても良いですか?
A.はい、ご使用頂けます。
Q16.SOLIDWORKS 2009 をSNL アクティベーションで使用しています。SOLIDWORKS2010 以降のバージョンを使用するにはどのようにすれば良いですか?
A.SOLIDWORKS2010 以降のバージョンのSNL ライセンスアドミニストレータをインストールし、ライセンスサーバーのアクティベーションを実行して頂く事で、2010 以降のバージョンをご使用頂けます。
Q17.ネットワークサーバーを変更したい場合の手順を教えてください。
A.SOLIDWORKS スタンドアロン版のアクティベーションと同様、SNL アドミニストレータを起動し、トランスファー作業を行う事で、サーバー変更が可能です。
Q18.もしトランスファー作業をせずに、サーバーがクラッシュしてしまった場合はどうすれば良いですか?
A.Courtesy Activation 申請書をソリッドワークス・ジャパン㈱カスタマーサポートまでお送り下さい(大塚商会、担当営業までご連絡ください)。クラッシュしたサーバーのアクティベーションを無効にし、別のサーバーからアクティベーションができるように処理させて頂きます。
Q19.ネットワークサーバー1台につき、いくつのアクティベーションができますか?
A.1シリアル番号につき、1つのアクティベーションとなります。
Q20.SNL アクティベーションは、Triadライセンスも対象になりますか?
A.いいえ、Triad ライセンスはSNLアクティベーションの対象外となります。Triadライセンスは、引き続きドングルで使用頂く事になります。
Q21.アクティベーション導入後も"Borrow"機能は使用できますか?
A.はい、使用できます。
Q22.SNL アクティベーションのメリットを教えてください。
A.SNL アクティベーション導入により、これまで多くのお客様の悩みの種であったネットワークライセンスの設定作業時間を大幅に削減する事ができます。また、Customer Portal からのネットワークライセンスの取得や、ドングルの管理が不要になります。
Q23.SNL アクティベーション完了まで、所要時間はどのくらいですか?
A.インターネット経由のアクティベーションで1分程度、E-mail 経由のアクティベーションで10分程度となります。
Q24.アクティベーションは、既存のシリアル番号で実行できますか?それとも、アクティベーション用の新しいシリアル番号が必要ですか?
A.アクティベーション導入後も、既存のシリアル番号をご使用頂けます。既存の16桁のシリアル番号は、インストール中に自動で24桁のシリアル番号に変換されます。今後もインストールを行う場合は、既存の16桁のシリアル番号をご使用頂けます。
Q25.アクティベーションしたサーバーのアップグレード、又は環境変更をする事はできますか?
A.一度アクティベーションを実行したサーバーにおいて、下記のようなアップグレード又は環境変更を行う場合は、必ず事前にライセンストランスファーを実行してください。トランスファーを実行しないままアップグレードを行った場合、ライセンストランスファーができなくなる場合がありますので、ご注意下さい。
※OSを再インストールする場合
※OSがインストールされているハードディスクの構成を変更(分割・増設)する場合(外付けのハードディスクの追加などは影響ありません)
※システムの日付や時間のプロパティを変更した結果、ライセンスアクティベーションを実行した日時より、ライセンストランスファーを実行した日時の方が、時間的に遡ってしまうような場合
尚、下記のような操作は、アクティベーションに影響を与えません。
※Windows のアップデートプログラム更新
※Windows XPでのシステムの復元
※ネットワークカードやグラフィックカードの変更

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP