• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

注記リストを基にしたバルーンの追加、自動での図面枠作成

SOLIDWORKS 2016では、図面内で作成した注記の段落番号と連携させたバルーンを追加できるフラグノートバンク機能を搭載。そのほか、自動で図面枠を作成する自動境界線機能が追加されました。

フラグノートによる注記とバルーンの連携

注記の段落番号に対してフラグノートバンクを設定することで、注記リストと連携したバルーン記号を追加できます。

自動境界線

自動境界線機能により、ゾーンサイズ、余白、線種、太さ、境界線の位置などの項目を設定するだけで、シートフォーマット上で表示する図枠を自動で作図できます。

簡単な設定だけでシート上のゾーン設定や図面枠の作図を自動で作図可能

詳細資料

SOLIDWORKS 2016 新機能に関する詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

資料サンプル

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP