• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

妥当性を判断する為の公差解析

公差によるアセンブリ全体の寸法のばらつきを確認

理論的に算出された結果から各部品の公差設定を検証

Professionalに搭載されているTolanalystは、寸法公差を持つ部品を積み上げた場合の全体のばらつきと最悪のケースを算出し、その際どの寸法公差が全体のばらつきに影響するか判断することができます。

全体のばらつきは統計学に基づいた考え方(2乗平均による)から算出されます。同時に全体の積み上げ公差も計算し、積み上げ最大のケースおよび最小のケース、基準寸法にばらつきを足したケースおよび引いたケースの4種類が計算されます。これにより公差の妥当性を理論的に評価できます。

お知らせ

もっと詳しく学べるチャンス! 公差に関する研修・講習のお知らせ

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP