• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

高度なモデリング技術

Windows完全準拠の使い勝手のよい操作環境と充実したマニュアル

SOLIDWORKSによる3次元設計環境の早期立ち上げをサポート

ドラック&ドロップ、コピー&ペーストといったWindowsで馴染み深い操作をモデル作成の際にも使用できます。「Excelで操作するとこうなるな」と思った操作がSOLIDWORKSのモデル作成過程でもできるようになっています。そのため操作性はリリース当初から定評があり、また使い勝手の良さを更に良くなるよう追求しています。

SOLIDWORKSは業界随一のマニュアル・チュートリアルを提供しているシステムです。チュートリアルではマニュアル上のアイコンをクリックするとSOLIDWORKS上のアイコンが点滅し案内をしますのでアイコンを探す手間はありません。作る製品による学習メニューを提供、必要な機能を効果的に学習することが出来ます。

フィーチャーパラメトリックとファイル間の完全双方向連携

修正の手間をなくし、作業の効率化を推進

部品のモデリングはフィーチャーパラメトリック手法を採用、モデルを作成する過程が時系列に保存されていきます。形状を定義する為の数値も同時に保存されます。設計者は過程をさかのぼっての修正、過程の追加、形状の修正が可能となります。

※1 フィーチャー…形状を定義するための要素、その要素の組み合わせによって形状を作成して活かします。

※2 パラメトリック…数値による形状の制御

作成した部品を基にアセンブリを構築、またパーツ、アセンブリを基に図面を作成していきます。各々のファイルは完全双方向の連携を保っており、何かしら1つのファイルに修正が加わった場合、関連する全てのファイルに変更が加わります。これにより修正の手間をなくすことが出来、作業の効率化を推進します。

様々な曲面作成アプローチによる意匠形状の作成

デザインを重視する形状でも作成可能

ハイエンドCADを凌駕する曲面作成機能。基本的な複数の断面形状を用いる方法、断面形状を軌跡に沿わせて形状を作成する方法をはじめ、空間上に定義された閉領域を選択する方法、定義した曲面をつまみ挙げて形状を作成するなど様々なアプローチにより形状を作成することができます。また整合性を確認する為の評価機能も充実しています。

展開形状を意識した板金モデルの作成

ワンクリックで瞬時に展開形状を確認

板金モデル作成は標準機能として装備。板金部品作成の際には、初めから板金特性を持ったフィーチャーを作成していく方法だけでなく、大まかな形状を設計した後で板金部品への変換を行う方法にも対応しています。また板金設計に必要なエンボス、ルーバーなどの形状は、標準でライブラリに登録されています。モデルの面上にドラッグ&ドロップするだけで、任意の形状が簡単に作成できます。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP