• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ASCAL BIM連携

ASCALとAutodesk Revit(Structure、Architecture)の建物データの相互変換を実現するS-Converter for Revit。S-Converter for RevitはBIM推進を強力にサポートします。

ASCALとAutodesk Revitの相互連携でBIMを推進

BIM連携例:ASCALでモデル化した鉄筋の表示/非表示

ASCALで作成したモデルをAutodesk Revitで開くと、要素プロパティに必要なパラメーターが入力された状態で継承します。そのため、表示もしくは非表示にさせたい部材(今回は鉄筋)を選択すると、切り替えられます。ただし、フック・折り曲げ鉄筋の連携は不可となります。

ASCALでモデル化した鉄筋をAutodesk Revit上で表示(非表示)できる

Revitモデルを解析しやすいよう自動変更

梁と柱の結合

Autodesk Revitにて梁と柱をモデリングした場合、右図のように解析モデル線分が結合されない場合があります。柱梁が結合されないと、構造解析を実行できないため、結合させる必要があります。RevitモデルをS-Converter for Revitを用いてASCALにデータ出力すると、解析モデル線分が間通りの影響などで離れてしまっていても、結合して解析モデルを自動生成します。

Autodesk Revitの中で柱梁を包絡なしで描くと、モデル線分が結合されない

Autodesk Revitの中で柱梁を包絡ありで描くと、モデル線分が結合される

ASCALは包絡のありなしに関係なく、柱梁間に間通りがあってもモデル線分を結合し、解析モデルを作成する

壁の座標点

意匠モデルは下辺両端座標を壁端部とし、設定されたレベルとオフセット座標を考慮した壁として認識します。一方、解析モデルでは、複数点から成る解析モデルの外周枠となる座標点を壁として認識します。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP