• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

BUILD.一貫V 製品特長

選べるデータ入力方法

BUILD.一貫Vのデータの入力は、グラフィカルユーザーインターフェイスによる「対話入力」、またはテキストエディターによる「一括入力」で行います。

準備計算から保有水平耐力計算まで一貫計算

応力解析

  • 立体解析により、鉛直荷重時、地震時、暴風時、積雪時の応力計算を行います。曲げ、せん断変形、剛域を考慮し、柱の軸方向変形の考慮はユーザー指定によります。
  • 応力解析の結果、引張ブレース(引張のみ有効と指定したブレース)の軸力が圧縮になった場合、そのブレースの軸剛性をゼロとして再度応力解析を行い、軸力が圧縮になる引張ブレースがなくなるまで繰り返し計算します。
  • ブレース、耐震壁、剛域は、水平荷重時のみ解析モデルに考慮できます。
  • 支点の浮き上がりを考慮した応力計算できます。水平荷重時応力計算の結果、支点が浮き上がっている場合は支点を自由にして再度応力計算します。再計算した浮き上がり耐力分の力を作用させ、結果の支点条件が仮定した支点条件と一致するまで計算を繰り返します。浮き上がりが収束するまで再計算を繰り返します。
  • パネルゾーンのせん断変形を考慮した応力解析を行えます。
  • 大梁の水平面内剛性、ねじり剛性を考慮した力応解析を行えます。
  • 柱のねじり剛性を考慮した力応解析を行えます。

保有水平耐力計算

  • 保有水平耐力の計算は、剛床を仮定した立体モデルにより、不整形な建物の保有水平耐力も正確に求まります。
  • 増分解析は荷重増分法とし、Newton-Raphson法により不平衡力の解除を行いながら計算を進めます。
  • M-N柱モデルでは柱は解析中に軸力の変動による曲げ耐力の変化を自動的に考慮します。M-N柱モデルでは、さらに2軸の曲げと軸力の相関関係を考慮できます。斜め加力を受ける隅柱のような2軸曲げが重要になる場合に有効です。

Newton-Raphson法

M-N柱の降伏曲線

  • 支点にはTri-linear型弾塑性の鉛直、回転、水平バネの設定でき、基礎の浮き上がりを考慮できます。なお、Ds算定時には鉛直バネを無視し、保有水平耐力計算には考慮することも可能です。
  • 破壊モードの判定方法は、保証設計の結果による方法、「建築物の構造関係技術基準解説書」における余耐力法による方法(曲げ・せん断応力比を考慮する方法)、大臣認定プログラムにおける余耐力法による方法を選択できます。
  • 塔屋については、塔屋を解析モデルに含めるか、重量として考慮するかスイッチ一つで選択可能です。
  • 保有水平耐力計算において、S造の物件で基礎梁にヒンジが生じたときに、RC造としてDs値を算出する選択をできます。

塔屋の扱いの選択

シーンに応じて使い分けができる計算書の出力

計算書の出力は、高速でトライアンドエラーを繰り返す設計時に有効な一貫標準形式計算書とグラフィカルな表現を多用し、平成19年の改正建築基準法による新しい大臣認定プログラムの仕様に準じた様式の確認申請形式計算書をシーンに応じて選択してご利用いただけます。

一貫標準形式計算書 メッセージがある部材の断面計算結果だけを出力する機能があり、エラー部材を探す手間が省ける。計算書を複数同時に表示できるので、計算条件を変えたときに結果を比較するのに便利
確認申請形式計算書 応力図・検定比図・支点反力図※1は、告示で示された形式に従って出力

※1 応力図・検定比図・支店反力図のサンプルはメーカーサイトよりご確認ください。

株式会社 構造ソフト(計算書の出力)

【新機能】数値の重なりを読める状態に

確認申請形式計算書は実スパンで出力していますが、スパン数が多いときや短スパンがあるときに、応力図や検定比図等で数値が重なってしまう場合があります。 等スパン図に切り替えると、数値を確実に読める状態にします。

等スパン図に切り替え

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP