• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

BUS-6

建築基準法、各種基規準類に準拠。構造設計をトータルにサポート

BUS-6は建築基準法、各種基規準類に準拠し、構造設計をトータルにサポートする一貫構造計算ソフトウェアです。建物の入力とモデル化の自由度が高く、部材の寄り寸法の考慮や不整形な建物形状の入力が可能です。さらに、S造建物のブレース形状を正確かつ自動的にモデル化することができ、実際の形状に合わせた解析が行えます。

適用範囲と使用材料

BUS-6は任意軸を用いた自由な建物形状と多様な構造形式に対応。また、鋼材データベースや高強度せん断補強筋以外の特殊な材料も対応しています。

適用範囲と使用材料

解析結果を呼び出し、比較・復元が可能に

BUS-6に搭載された履歴管理機能は、設計条件を変更した結果を保存できます。履歴から結果を呼び出して、比較や入力データの復元もできます。BIMソフトウェアとは、ST-BridgeやIFC形式を使ってデータ連携できます。

製品特長

前製品(BUS-5)との違い

BUS-6は64bit版Windowsに対応しているため、大規模な建物でも高速に計算処理します。また、マルチスレッド処理により、保有水平耐力計算の各加力方向の解析を並列かつ高速に実行できます。

BUS-6とBUS-5の解析時間比較

BUS-6の価格や動作環境はどうなっていますか?

BUS-6の価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP