• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

BUS-6 製品特長

計算結果の履歴管理ができるから、比較が簡単

BUS-6の計算結果履歴管理機能は、設計条件、解析条件などを変更した結果を10通りまで保存できます。計算結果画面を分割して履歴管理された計算結果と現在使用中の入力データの結果を同時表示して比較できます。

計算結果の比較

BIM連携で建物形状データを有効活用

BUS-6はST-Bridge※1、IFC形式により、BIMソフトウェアへデータ転送できるため、構築した建物形状データを有効に活用できます。

※1 ST-Bridgeは作成と読み込み機能があるが、IFCは作成機能のみ。

i-ARM(株式会社建築ピボット)の表示例

任意軸を使ってモデル化の操作が簡単に

X、Y方向の任意の軸交点間を対角線として結ぶ「任意軸」を自由に設定できます。複雑な平面形状のモデル入力や任意軸を含む複雑な床、床組の配置も簡単です※。

※ 任意軸を含む架構の解析は立体解析で行う必要がある。

任意軸を利用したモデル入力例(提供:株式会社谷口建築事務所)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP