• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

DiPS 避難安全検証

プロ仕様の避難安全検証を行い、空間の有効活用やコスト削減を実現するDiPS 避難安全検証

DiPS 避難安全検証は建築基準法の階避難安全検証法(告示1441号)と全館避難安全検証法(告示1442号)に準拠した避難安全検証計算 ルートBを行うソフトウェアです。設計の自由度の向上、建設工事費の削減、維持管理費の削減に貢献します。

建築基準法と避難安全検証法による避難基準の違い

建築基準法で定められている避難基準と避難安全検証法で定められている避難基準には、どのような違いがあるのでしょうか?

建築基準法による避難の基準(ルートA:仕様設計)
比較的簡便にできる評価手法。評価項目は少ないが、その分オーバースペックになりがち。
避難安全検証法による避難の基準(ルートB:性能設計)
性能を細かくチェックし、評価・検証する方法。評価項目は多いが、適切な設備の設置によりコストダウンやデザインの自由度を上げることができる。ただし、この法の適用で安全性が向上するわけではない。

DiPS 避難安全検証でできること

DiPS 避難安全検証は避難安全検証法による避難基準(ルートB)に沿った検証ができます。そのため、デザインの自由度を上げ、空間の有効活用やコスト削減を実現します。

製品特長

価格や動作環境はどうなっていますか?

DiPS 避難安全検証の価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP