• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Engineer's Studio 製品特長

ファイバー要素と積層平板要素を標準装備

解析面での特長は、3次元ファイバー要素とReissner-Mindlin理論に基づく平板要素を備えていること。そして、それらの材料非線形および幾何学的非線形(大変位)を同時に考慮した静的解析および動的解析が可能な点です。

ファイバー要素のイメージ図(右が数学モデル)

平板要素は、厚さ方向に複数の層を持つ積層構造にすることができます。各層には、異なる材料種類や線形・非線形の設定を個別に定義できます。平板要素に適用するコンクリート構成則に、東京大学コンクリート研究室で開発された世界的に評価の高い鉄筋コンクリート非線形構成則(分散ひび割れモデル)を採用しています。

本製品の平板要素は、UC-win / WCOMDのRC要素を厚さ方向へ多層に拡張して、面内変形だけでなく面外変形の非線形挙動も解析可能にしたとも言えます。平板要素はFEMでよく用いられるアイソパラメトリック要素を採用しています。

積層平板要素のイメージ図(右が数学モデル)

動的解析結果に入力波形を同時表示

動的解析の時刻歴結果を確認するときに入力した地震波形を呼び出せます。呼び出すと、新しい画面「入力波形表示」が表示されます。波形グラフの中をクリックするとステップが進み、モデルの変形図や断面力図もそのステップに同期されます。

時刻歴結果に入力波形を表示

活荷重の計算

活荷重計算は1本棒の影響線解析です。プログラムは影響線を作成した後に、活荷重(L荷重、T荷重、連行荷重)を移動させながら各着目点での断面力等が最大・最小となる位置を検索します。道路橋の橋軸方向が主な用途です。

鋼製部材のひずみ照査

『鋼・合成構造標準示方書 耐震設計編(土木学会、2008年制定、2008年2月)』に準拠したひずみ照査を行います。鋼製部材をファイバー要素でモデル化し、安全係数や終局ひずみの設定を行うと、ひずみによる照査結果を得られます。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP