• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner 製品特長

目に見えない現象をグラフィックで表現

設計と切り離されて考えがちであった「環境系シミュレーション」。FlowDesignerは設計の早い段階から風の流れを見える化し、設計案に取り込むことが可能です。次のようなシミュレーションを検討するだけではなく、設計者が思い浮かべたインスピレーションや新たなアイディアがもたらす効果をさまざまな角度から検討し、ビジュアル化することができます。

  • 自然通風を効果的に取り込むデザインを考える。
  • 換気塔の効果を比較する。
  • ビル風のリスクを事前に把握する。
FlowDesignerでこんな使い方ができます
  • プロポーザル資料のデータとして。
  • 複雑設定はFlowDesignerが自動処理するので、意匠設計者でも簡単に使える。
  • レスポンスが速いので、デザインや設計のアイディアがいくつも試せる。
  • リフォーム時のデザインにも。

Revit、ArchiCAD、Rhinoceros、SketchUpの設計データも取り込める

FlowDesignerは本格的なBIM連係にも対応。Rhinoceros、SketchUpなどのモデリングツールや3次元CADのIFCデータを取り込む機能を搭載しているため、意匠設計者でも簡単に気流解析を行えます。物理に基づいた検討により、環境に配慮した美しい風の形をデザインする設計者のためのツール、それがFlowDesignerです。

BIM連携ソフトの一例
  • ArchiCAD
  • Revit
  • Rhinoceros
  • SketchUp
  • VectorWorks
  • Google Earth

ArchiCADサンプルデータをFlowDesignerに取り込み、建物への自然通風解析を行ったイメージ

各工程でシミュレーションを活用

プロポーザル資料、デザイン、施工設計など各工程でのシミュレーションにご活用になれます。

  • 構想計画・企画・提案:通風パスデザインの効果比較結果を提案資料としてビジュアル化、屋内温度ムラのリスク把握
  • 詳細設計:ペリメータ・インテリアゾーンの制気口配置検討、エネルギー消費量の把握※1
  • 環境改善・現状分析・リニューアル:問題解決のための改善案の効果比較検討、ビジュアル化

※1 外部連携オプションにより熱負荷計算ソフト、エネルギーシミュレーションツールとの連携が必要。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP