• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner 使いやすさ

「熱流体解析は難しい」と思っていませんか?

FlowDesignerには、そんな概念を変えるシンプルで直感的な操作性を備えています。設定準備からわずか5分で解析できる基本機能を搭載しています。

  • 感覚で操作ができる。
  • 複雑形状でもオートメッシュで簡単に。
  • ライブラリが豊富で使いたい部品が見つかる。
  • すばやくモデルを編集できる。
  • 結果表示が分かりやすい。
  • 計算スピードが速い。

風の流れや温度・汚染度の分布変化を分かりやすくビジュアル化

解析結果は数値入力、平面断面表示、立体コンター表示、流線表示など、さまざまな方法で確認できます。また、3次元アニメーションの動画を出力することもできます。結果はそのままプレゼンテーション資料としてご活用になれます。

複雑形状もオートメッシュで簡単認識

オートメッシュなら、専門家が丸1日かかって設定する規模のモデルでもボタン一つで簡単にメッシュ分割できます。オブジェクトの位置を変更するたびにメッシュを作成し直す必要もありません。

解析条件の一覧表示・一括変更

設定値が一覧形式で表示されるため、部品数の多い大規模なモデルでも簡単に設定値の変更ができます。一括で変更もできるため、作業の効率化と設定のミス防止に大きく力を発揮します。

マウス操作による直感的なモデル作成

数値入力はもちろん、3次元CADソフトのようにマウス操作でモデル形状を見たままに変更できます。ラフ案をいくつも解析したい時など、さっとモデルを作成できるのが魅力です。

ドラッグ&ドロップで簡単モデル化

複数のオブジェクトを組み合わせて作成したパーツを「ライブラリ」へ登録すれば、あとはブロックを配置するような感覚で解析モデルを作成できます。よく利用するパーツを社内で共有すれば、より簡便にモデル作成が可能です。

基本的な設定だけで解析可能

FlowDesignerは車で例えるとオートマチック(AT)車です。従来の解析ソフトをマニュアル車とすると、乗りこなす(結果を得る)には細かい操縦が必要でした。それに対しAT車のFlowDesignerは基本的な設定を行うだけ。だれでも簡単に解析結果が得られます。設定操作に頭を悩まされる必要がなくなる分、より多くのシミュレーションに時間を費やせます。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP