• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

HOUSE-DOC 製品特長

画面周りの特長(図1参照)

  1. 優れた互換性:様々なCADデータを読み込んで下図として利用可能。
  2. 文字の入力:文字の書き込み配置は自由。
  3. 建築情報の入力:建物の概要情報を入力または選択して指定。
  4. 工法の指定:壁・床の工法を指定し各階の平面図上に配置。
  5. 写真管理機能:現状写真のデータは撮影箇所を示す矢印やコメントと共に図面に表示。
  6. スパンの設定:各スパンは1mm単位で伸縮可能。
  7. 重心と剛心:建物の重心と剛心は平面図上に表示。
  8. 平面図/3D表示の切り替え:入力データは平面図と3Dで表示。

対象建物と計算方法

対象建築物
平屋から3階建てまでの木造住宅。1階がRC造またはS造で2階以上が木造住宅の木造部分。
対象構・工法
在来軸組構法・枠組壁工法・伝統的構法。
計算方法
一般診断法・精密診断法1。
必要耐力計算法
「詳細」のいずれかを選択可。
耐力要素の配置による低減係数
一般診断法では両端1/4範囲内の充足率の組み合わせから算出する「4分割法」と壁耐力と配置により偏心率を算出する「偏心率法」精密診断法1と同じ計算方法による「偏心率法(精密)」のいずれかを選択可。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP