• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FDS・Smokeview

FDSとは
  • 米国標準局(NIST)が開発。
  • 無償配布している火災解析エンジン。
  • Windows版(32bit・64bit)/MacOSX版(32bit・64bit)/Linux版(32bit・64bit)に対応。
  • ソースプログラムを公開。
Smokeviewとは
  • FDSに付属の専用可視化ソフト。
  • 火災の進行状況、煙の流れ、温度変化、他をアニメーションにて可視化するツール。

FDSの主な解析例

ショッピングモール内火災解析

オフィスビル内喫温度解析

集塵器内火災時換気解析

産業施設内温度解析

2階建てビル避難解析

ホール内避難解析

薪ストーブ燃焼時気流解析

旅客機格納庫内火災解析

画像出典:NIST

FDSの主要機能

  • 火源・火炎面モデル
  • 火災に伴う気流性状
  • 速度・温度・圧力・すす濃度など
  • 火炎面からの輻射
  • スプリンクラー液滴モデル
  • 煙・熱感知器モデル
  • 構造材の熱伝導・熱伝達
  • 固体構造物の着火・燃焼(研究段階)

前処理ソフトの必要性

  1. FDSにはGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)が搭載されていないため、モデル形状を同時に見ながらの形状作成ができない。
  2. モデル形状を確認するには、FDSを実行後Smokeviewを実行、の手順が必要であるため、CAD形式の入力と比較してそのつど2工程手間がかかる。
  3. すべての条件をFDS入力データと呼ばれるテキストファイルで入力する(FDS入力データの作成には、FDS構文を覚える、またはマニュアルを随時参照する必要がある)。
  4. 構文の間違い探しが困難。

このため、入力内容がグラフィックにて確認できる前処理ソフトがあると便利である。

PyroSim 製品特長

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP