• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

PyroSim 製品特長

PyroSimは建築家や防火安全技術者が火災をシミュレートするためのコンピュータモデルを手早く作成するのに使われます。PyroSimは米国標準局(NIST)の火災シミュレーションソフトFire Dynamic Simulator(FDS)[McGrattan and Forney,2005]を計算エンジンとして使用します。

PyroSimを使用することでFDSではテキスト入力だった解析モデルの作成がCADのような操作で可能になるため、火災における煙や温度、一酸化炭素等の分布を手早くシミュレーションすることが可能です。

対話的な形状作成機能

1.併進移動

X,Y,Z方向の移動距離を指定することにより、座標計算無しで、任意のオブジェクトの併進移動、あるいはそのコピーができます。

併進移動

2.鏡映移動

対称面を指定することにより、座標計算無しで、任意のオブジェクトの鏡映移動、あるいはそのコピーができます。

鏡映移動

3.拡大・縮小

X,Y,Z方向の拡大(縮小)率と基準点を指定することにより、座標計算無しで、任意のオブジェクトの拡大・縮小、あるいはそのコピーができます。

拡大・縮小

4.回転

回転軸と回転角を指定することにより、座標計算無しで、任意のオブジェクトの回転、あるいはそのコピーができます。

回転

火源・開口・壁面質材などの対話的な入力

火源・開口・壁面質材などの対話的な入力は以下のような画面になります。

表面の編集

作成したシミュレーションモデルの2次元・3次元表示による確認

応接間モデルをFDS構文画面で見た場合

応接間モデルをFDS構文画面で見た場合

拡大画像(JPG)[190KB]

応接間モデルをPyroSim画面で見た場合

応接間モデルをPyroSim画面で見た場

拡大画像(JPG)[347KB]

FDSユーザーズガイド・テクニカルリファレンスガイド日本語版

日本語版にはFDSユーザーズガイド・テクニカルリファレンスガイドの日本語版を添付されます。

FDSユーザーズガイド

FDSユーザーズガイド

テクニカルリファレンスガイド

テクニカルリファレンスガイド

CADファイル(DXF)からの形状作成機能

FDSのメッシュ形状に変換

FDSのメッシュ形状に変換

AutoCAD DXFファイルをインポートし、
FDSのメッシュ形状に変換することが可能。

平面図のトレースによるモデル作成機能

平面図のトレースによるモデル作成機能

日本語インターフェイスおよび日本マニュアル

日本語インターフェイスおよび日本マニュアルが添付されます。

日本語インターフェイスおよび日本マニュアル

その他

  • FDSおよびSmokeviewの起動・制御
  • 正しい書式が保障されます
  • FDSの入力データのインポート

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP