• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SAVE-建築 機能紹介

SAVE-建築は直観的でわかりやすい操作で簡単に建物モデルを入力でき、自動で面積を集計するなど煩雑な届出書の作成が大幅に省力化できます。設備の機器や空調ゾーンの情報も建物モデルと関連付けられているため、建築と設備の情報をすばやく確認できます。これにより意匠設計者と設備設計者のコミュニケーションもスムーズになります。

複数案の検討機能も充実しており、設計案の比較や改修前後の資料作成にも威力を発揮します。リアルタイム計算機能により省エネルギー性能を確認しながらデザイン検討が行えます。

入力・表示機能

建物外皮と設備機器を直観的な操作で入力。面積拾いを自動で行い、意匠設計者や設備設計者の手間を削減します。設計情報と省エネルギー性能を可視化する機能を多数搭載しています。

計算・出力機能

外皮性能や一次エネルギー消費量に加え、CO2排出量や光熱費も計算でき、帳票や豊富な図面出力機能も搭載しています。

出力内容

外皮の省エネルギー計画書や根拠となる各種図面を出力できます。出力結果はそのまま印刷すれば届け出可能な計算書としてご利用になれます。

  • 熱貫流率、日射侵入率計算表
  • 日除け効果係数の補正計算表
  • PAL計算表
  • 面積表

一次エネルギー消費量計算書

独立行政法人建築研究所サイトで公開されている「一次エネルギー消費量算定用WEBプログラム(建築物用)」の計算結果と同等の計算書を出力できます。簡易出力と詳細出力の両方を出力できます。

Webプログラムへの連携

SAVE-建築に建物形状、外皮情報、設備機器を入力します。入力シートには、SAVE-建築で入力した項目がすべて出力できます。出力した入力シートからワンクリックでCSVファイルに変換します。それぞれのWebプログラムに対象となるCSVファイルをアップロードすると、PALおよび一次エネルギー消費量が求められます。

準拠している基準など

国土交通省国土技術政策総合研究所 独立行政法人建築研究所監修
  • 「平成25年 省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説 Ⅰ 非住宅建築物」
  • 「国土技術政策総合研究所資料 第762号・建築研究資料 第149号平成25年省エネルギー基準(平成25年1月公布)等 関係技術資料一次エネルギー消費量算定プログラム解説(非住宅建築物編)」
  • 「国土技術政策総合研究所資料 第763号・建築研究資料 第150号平成25年省エネルギー基準(平成25年9月公布)等 関係技術資料非住宅建築物の外皮性能プログラム解説」
財団法人 建築環境・省エネルギー機構
  • 「改訂 拡張デグリーデー表」

上記図書に準じた計算に必要なデータは本ソフトウェアに含まれていますが、図面からの各入力項目の拾いや届出書の作成方法などについては上記図書をご参照ください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP