• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

STABRO 負荷計算 for Revit 製品特長

Revit上で国交省基準の負荷計算を実現

オートデスク株式会社製品「Revit」に標準搭載されているASHRAE基準 冷暖房負荷計算に代わり、STABRO負荷計算 for RevitはRevit上で国土交通省基準の負荷計算を実現します。

独自の手法で国土交通省監修の建築設備設計基準に準拠した負荷計算をRevit上で実現

BIMデータを活用し、入力手間を軽減

Revitで作成した建築モデルから、壁・窓などの構造体登録情報や方位別の外皮・窓面積、Revit MEPの解析機能にある室情報などの負荷計算用のデータを自動で拾い出します。壁体の自動グループ化機能で壁体の種類が多くなりすぎる問題も解決します。

データ編集機能、結果のRevit反映

STABRO負荷計算データ編集画面を利用して、拾い出した値の確認および編集が可能です。また、計算した各室の最大負荷計算結果をRevitのスペース情報に戻すこともできます。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP