• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

たよれーる Adobe Creative Cloud

CADユーザーでもアドビ製品を利用されている方は多くいらっしゃいます。例えば、IllustratorはCADの拡張子を読み込めるため、建設系の平面図などもCADと同じように描けます。Photoshopなら、STL形式を標準サポートしているため、3Dプリンターへの出力時にご利用いただけます。

このように、メインデザインツールとしてもサブツールとしても利用できるアドビ製品をクラウド上で月額利用可能にしたのが「たよれーる Adobe Creative Could」です。

CADと共によく利用されているアドビ製品

CADユーザーはアドビ製品をどのようにして利用しているのでしょうか。

Illustrator

IllustratorとCADは双方向でデータの読み込みが可能。そのため、建設系の平面図を描く場合に利用。

Photoshop

  • Photoshopで作成したデータをCAD製品に取り込み微調整する場合に利用(AutoCAD、CATIA、SOLIDWORKSなどに対応)。
  • STL形式を標準サポートしているため、3Dプリンターへの出力する際に利用。ほかにもVRML、U3D、PLY、IGESといった3Dファイルフォーマットを新たにサポート。

3Dプリント作業イメージ(Photoshop Creative Cloud専用の3Dプリントプロファイルを作成)

Acrobat

  • CAD(AutoCADなど)で作成したレイヤー構造をそのままPDFで表示できる。そのため、不要になった図面をPDF上で直接削除ができる。
  • プラグイン購入で3DCADデータも読み込み可能(Autodeskなど)。

CADデータをPDFに取り込んだイメージ

実際にAdobe Creative Cloudを導入し、効果を上げられた株式会社ミケランジェロ様の事例をご紹介しています。

導入事例

たよれーる Adobe Creative Cloudなら、月額利用ができるためお手軽!

たよれーる Adobe Creative Cloudは、アドビシステムズのAdobe Creative Cloudにお客様から多い要望を詰め込んだ大塚商会だけのオリジナルサービスです。日本で唯一法人決済による月額分割払いが可能です。

製品特長

たよれーる Adobe Creative Cloudの価格や動作環境はどうなっていますか?

たよれーる Adobe Creative Cloudの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP