• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

PDFセキュリティサービス 製品特長

利用権限の制御

配布ドキュメントの閲覧・印刷・編集・テキストコピーなどの利用権限をユーザ単位、グループ単位で制御できます。社内・社外を問わず、利用の権限のない第三者は閲覧はもちろん印刷・編集もできません。この機能によって、文書の漏洩・悪用を防止します。

失効、有効期限の設定

サーバ側の設定で、配布済み文書を動的に失効することができます。また、配布文書に有効期限(期間)の設定もできます。失効文書や有効期限切れ文書は指定したタイミング以降閲覧できなくなるため、文書が漏洩した際の悪用や旧版文書の誤用などを防止することができます。

透かしの付与

透かしとは、文書を開いた際に利用者の情報・利用時間の情報などを動的に埋め込む機能です。利用者の氏名を埋め込んでおけば、印刷してもスクリーンショットを撮っても、利用者を特定する情報が入った状態になります。つまり、ハードコピー情報の悪用を抑止できます。

なお、スクリーンショットを禁止するツールを使用しても、画面をデジタルカメラなどで撮ることを防げないのはご存じの通りです。

監査ログ

誰が(ユーザ名)、いつ(日付時刻)、どの文書を利用したかといったログ情報を確認できます。この情報は流出時の原因特定や、文書の利用状況確認などに利用できます。また、ログ管理を通知することで情報の流出・悪用の抑止にもつながります。

データのミスが発覚後もすぐに閲覧停止に

PDFファイルにセキュリティを掛ける方法は次の二通りあります。

  • ファイル自体にパスワードを設定
  • サーバやクラウドでセキュリティ設定を遠隔管理

PDFファイルはオンラインで動作するため、セキュリティ設定を後追いで変更しても反映される仕組み「データライツマネジメント(DRM)」です。

Adobe Readerがあれば利用できる

クラウドで特殊なセキュリティ設定を掛けますが、あくまでPDFファイルのためAdobe Readerさえあれば閲覧できます。社外の方にデータを共有したいシーンで特殊なビューア環境の設定が不要なのは大きな強みです。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP