• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Trend Micro Safe Lock 機能紹介

アプリケーション制御

アプリケーション起動時に許可リスト※1に従ってアプリケーションの実行を制御します。「ブロック」と「検知のみ」の2種類の実行モードがあります。制御対象ファイルはEXE、DLL、Driver、スクリプトファイルなどです。

※1 ファイルパスと対象ファイルのハッシュ値を保持。

許可リスト管理

システムに存在する制御対象ファイルを自動収集する次の機能により、導入時の手間軽減と運用時の操作性や視認性の向上を実現しています。

  • 簡易初期設定機能
  • 手動編集機能
  • 信頼するアップデータの事前指定機能
  • エクスポート/インポート機能
  • ハッシュ確認機能

ぜい弱性攻撃対策

次のような機能により、ウイルス感染リスクや不正実行リスクを低減します。

  • USB不正プログラム対策
  • ネットワークウイルス対策
  • DLLインジェクション対策
  • APIフッキング対策
  • メモリのランダム化

権限設定

管理者アカウントと制限付きユーザーアカウントの2種類が用意されています。制限付きユーザーアカウントが利用できる機能を制限することもできます。

ログ

本製品の一連の動作ログを Windows イベントログに出力します。運用中に通知画面を表示しないため、システムの利用を阻害しません。

Trend Micro Portable Security 2との連携

本製品を搭載した端末において、オフライン端末向けウイルス検索・駆除ツールTrend Micro Portable Security 2を利用する際、実行ファイルを許可リストに追加することなくTrend Micro Portable Security 2を利用可能です。

Trend Micro Portable Security 2 製品情報

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP