• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

MOLDMAX

ホットランナー製造などの金型ツール・メーカーMOLDMAXでは2006年1月から旧:Simpoe Worksを使用開始。ゲート案などに活用しています。

パーツ設計者による初期案

経過
パーツ設計者の案で充填確実性を確認、目立つ箇所にウェルド発生を予見。ツールメーカーが供給システムを設計し、より現実的な成形条件でシミュレーションを行ったところ同様のウェルドを予見。
結論
ウェルド回避策の検討が必要。

シミュレーション結果

ゲート案

ツールメーカーによる初期12ゲート案

  • ホットランナー
  • コールドランナー
  • 3プレート金型

シミュレーション結果

5点ゲート案

最初と全く異なるランナー案。バルブゲートを導入するとウェルドは背面から消滅し、エアトラップが発生。

  • センターゲート1
  • バルブゲート4
  • ホットランナー
  • コールドランナー
  • 2プレート金型

新案モデル形状

シミュレーション結果

6点ゲート案

ゲートを5から6に増やすとエアトラップは消滅し、ウェルド位置が不満生。

  • センターゲート1
  • バルブゲート5
  • ホットランナー
  • コールドランナー
  • 2プレート金型

試し打ち品写真

シミュレーション結果と同じ場所に同じ形のウェルドラインが観察されている

新案モデル形状

シミュレーション結果

ウェルド対策

その後も引き続きSimpoe-Moldシミュレーションを活用したゲート位置、バルブ制御タイミング、パーツ設計変更に関する調整が行われ、有効なウェルド対策が実施された。

センターゲート位置を下方に移動

センターゲート位置を下方に移動

パネル壁厚を薄くして樹脂の廻り方を調整

パネル壁厚を薄くして樹脂の廻り方を調整

シミュレーション結果

シミュレーション結果

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP