• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Abaqus 製品詳細

効果的なモデリングツール

AbaqusのプリポストツールAbaqus/CAEは、 ジオメトリベースのデータ、およびジオメトリに関連付けられていないインポートされたメッシュを用いた、混合モデリングアプローチを提供し、強力なモデリングと結果表示機能を持ちます。 Abaqus/CAE を用いると、解析熟練者と同様に普段は解析を行わないユーザーでも、複雑な有限要素解析やマルチフィジックス解析に対するモデルの作成や編集、ジョブのモニタや診断、 結果の表示が行えます。

パートとアセンブリは、Abaqus/CAE 内で作成することも、外部 CAD システムから中間ファイル形式でインポートすることも可能です。また、CATIA V5、SolidWorks、設計ソフトウエア Creo用のCADアソシアティブインターフェイスを使用すると、CADとCAEのアセンブリを同期させ、 ユーザー定義の解析フィーチャを失うことなくすばやくモデルを更新することができます。

メッシュ

Abaqus/CAEは、幅広いメッシュ機能を備えており、簡単に短時間でメッシュを作成する様々なアプローチを提供します。その一例に自動仮想トポロジー・ツールセットが挙げられます。これは、モデル内の不必要なジオメトリ詳細部分を自動的に無視するものです。構造メッシュ、スイープメッシュ、フリーメッシュ、ボトムアップメッシュのテクニックがサポートされており、複雑なジオメトリ上に高品質のメッシュをすばやく生成することができます。

解析プロシージャ

Abaqusは、自動車、航空、防衛、化学、家電などの様々な産業の先進企業で日常的に用いられています。AbaqusFEAソフトウェアは、その変わることのない強力なロバスト性と正確さ、また高い性能と使いやすさから、実世界における製品の挙動をシミュレートするために不可欠になっています。

Abaqus/Standardの陰的シミュレーション手法は、正確な応力解がきわめて重要な静的あるいは低速の動的事象に最適です。たとえば、ガスケットジョイントのシール圧、タイヤの定常回転、複合材を用いた航空機胴体のき裂の進展などが挙げられます。単一のシミュレーションで、時間領域と周波数領域の両方の解析が可能です。

Abaqus/Explicitの陽的解法の手法は、家電製品の落下テスト、車両の衝突、弾道衝撃などの短時間の動的現象に適しています。接触などの過酷な不連続挙動が効率よく処理されるため、金属の熱間圧延、薄板の成形、エネルギ吸収デバイスのゆっくりした衝突などの準静的現象にもきわめて有効です。

これらの異なる解法手法間で結果を転送することができます。たとえば、Abaqus/Explicitを用いて製造工程における応力を予測し、次に、この応力状態を開始点にして、Abaqus/Standardでアセンブリ解析を行うことができます。

高度な材料モデル

規制の増加、環境問題、軽量でより費用対効果の高い製品の要求のために、設計者は、鉛フリーのはんだ、複合材、合成樹脂などの新しい材料の検討を余儀なくされています。Abaqusは、金属やゴムなどの一般的なエンジニアリング材料に加え、これらの新しい材料の現実的な挙動をシミュレーションできる広範囲の材料ライブラリを備えています。

接触

製造工程、ボルト締め付け組み立て、スナップフィット、衝撃事象にはすべて、物体間の接触があります。接触時の部品の挙動を理解することは、より良い製品を設計するために不可欠です。Abaqusは、変形体、剛体間の接触、自己接触などの広範囲にわたる接触モデリング機能を提供しています。

高性能シミュレーション

解析時間の短縮は、複数のより詳細な設計やシナリオの調査を可能にします。Abaqus/Standardの分散メモリ並列直接ソルバは、高いスケーリングとロバスト性を実現しています。Abaqus/Explicitの並列化は、領域分割テクノロジーをもとにしており、計算処理を大幅に加速し、生産効率を向上させます。現在、多くの産業アプリケーションで64CPUまでの効果的な並列スケーリングが行われており、1CPUで数日かかるモデルが一晩で解析できるようになっています。

結果表示

Abaqus/CAEの結果表示機能は、ユーザーの解析結果に対する解釈と処理の大きな助けとなります。ジョブ診断情報が可視化されるため、簡単に解析の進行状況を追跡しその状態を把握できます。大規模で複雑なモデルでも、コンター、パス、X-Y、プライスタック・プロットなどの幅広い機能を用いて結果表示可能です。また、表示グループ、ビューカット、フリーボディ・カットを使用して特定の領域における結果を評価することもできます。
解析結果は、画像、レポート、アニメーション、3DXMLなどの様々な形式で出力可能です。

カスタマイゼーション

マクロ、プラグインから完全な専用アプリケーションまでの様々なカスタマイズレベルで、ユーザーは、基本のそして高度な解析の作業とプロセスを自動化できます。これにより、解析熟練者の専門知識をキャプチャし、ロバスト性の高い解析手法を展開することによって、組織のなかで日常的に解析が行えるようになります。このようは自動環境は、解析熟練者、非専門FEAユーザーの両方が、データと手法を共有し、信頼性の高い再現可能な結果を得ることを可能にします。

ご注意
Abaqusの学校向けライセンスについては代理店販売を行っておりません。
下記より直接ダッソー・システムズ様までお問い合わせください。

ダッソー・システムズ

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP