• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ANSYS マルチスケール解析事例

大幅な軽量化、強度の向上、設計の柔軟性などを提供する複合材料はものづくりの現場において欠かせない材料として幅広い業界で活用されています。

しかし、有限要素法による構造解析では、単一の等方性材料による解析が一般的です。ANSYSは複合材料解析が抱える問題を包括的に解析できる機能を搭載しています。

具体的な解析事例

ANSYSマルチスケール解析を使用し、次のようなフローで検証を行いました。

1.ミクロモデル作成
ANSYSや3次元CADを使って、数値材料試験を行うためのミクロモデルを作成。
2.均質化解析
ANSYSでメッシュ生成・境界条件を入力後、数値材料試験を行い、弾性率等の等価物性値を算出。
3.マクロ構造解析
均質化解析結果から出力された等価物性値をマクロモデルの材料物性値として適用。再度、マクロモデルの解析と検証を実施。
4.局所化解析
マクロモデル解析結果から局所化したい要素を選択し、その位置の歪を条件とした局所化解析を実行、局部の挙動を検証。

詳細資料

この解析事例に関する情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求(無料)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP