• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Particleworks

粒子法に基づいた熱流体解析ソフトウェア

東京大学発産官学連携ベンチャー企業であるプロメテック・ソフトウェアにて開発された、世界初の粒子法を用いたCAEソフトウェアです。従来ソフトで不可能だった自由表面、剛体の連成解析やDEM法を用いた紛体計算が可能です。自動車、産業機械、素材、医薬、食品業界に豊富な事例があります。

Particleworks イメージ

粒子法とは

粒子法とは東京大学大学院工学研究科 越塚誠一教授(プロメテック・ソフトウェア株式会社 共同創業者/取締役CTO)が考案した自由表面非圧縮性流れの計算ができるシミュレーション手法の一つです。

従来技術(差分法/有限要素法) イメージ

従来技術(差分法/有限要素法)

粒子法 イメージ

粒子法

従来技術(差分法/有限要素法)

  • ユーザが解析領域全体に格子を作成しなければならない。
  • 解析領域が複雑な形状になると、格子の作成が難しくなる(作成に時間がかかる)。
  • 計算結果は格子の形状に沿って出力されるため、 水面の微妙な変化は解析できない(格子幅を小さくすることもできるが、格子作成の作業が大変)。
  • 解析領域内でも、飛び散る飛沫の計算はできない。
  • 水槽(解析領域)の外へ飛び出す計算もできない。(解析領域を大きくすると、格子作成が大変)

粒子法

  • ユーザは粒子を作成するだけ(格子の作成は不要)。
  • 解析領域が複雑な形状でも、解析する流体の部分に粒子を作成するだけですむ。
  • 計算結果にもとづき粒子が移動するため、水面の微妙な変化が解析できる。
  • 水槽内で飛び散る飛沫を解析できる。
  • 格子を必要としないため、水槽から飛び出す飛沫も解析できる(格子作成の手間がなく、リアルな自由表面流体の解析が可能)。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP