• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CAMを選ぶときに押さえておきたい三つの選定基準

CAMを選ぶ上で押さえておきたい三つのポイントをご紹介します。また、大塚商会のCAM専門スタッフより、お客様に最適な機器をご提案することもできますので、次のフォームからお気軽にお問い合わせください。

CAM選定お問い合わせ

基準1.設計、取引先からのデータは何か?

加工したい形状は2次元図面(紙、DXF、STEPなど)なのか、それとも3DCADでモデリングされたモデル(IGES、Parasolidなど)からの作成なのかがポイントになります。現在のCAMは3Dモデルからのプログラムが主ですが、2Dデータからも問題なく作成できます。

基準2.どんな形状を加工したいか?

CAM機能は加工したい形状によって、大きく次の3種類に分けられます。コスト高にならないよう必要な機能だけを選定して、必要に応じて追加していく形が理想といえます。

  1. 2次元加工機能(穴あけ、輪郭、リブ加工など)
  2. 3次元曲面加工
  3. 4軸や5軸加工機を利用した穴あけ加工や曲面加工

基準3.具体的にNCデータを作成したい工作機械は?

1台のCAMで複数の工作機械(ポスト)に対応できるのが最大の特徴です。しかし、どのポストを装備させるかがカギになります。

  1. 3軸マシニング、NCフライス、多軸用マシニング
  2. CNC旋盤、多軸複合加工機
  3. ワイヤーカットほか
  4. レーザー加工機、タレットパンチプレス、ベンダー

CAM選びに迷ったら、専門スタッフにお問い合わせください

  • どれを基準に製品を選べば良いか分からない。
  • 自社工場の環境にあった製品を提案してほしい。

お客様のニーズを把握した上で検討候補を絞り、最適と思われる機器をご提案させていただきます。まずは現状やご希望を次のフォームよりお聞かせください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP