• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Fuzor

「プロジェクトメンバー間での情報共有が難しい」建設業に従事されている方はこのようなお困りごとをお持ちではないでしょうか?

そこで、建設・BIM関係者の方々にお勧めしたいのが、設計、会議、プレゼンなどの各業務における効果的なレビューを支援するFuzorです。Fuzorは施工主、構造設計者、営業からの要望に合った見せ方をその場で切り替えられるため、情報の伝達力が違います。

ニーズに合った見せ方ができるから、情報が確実に伝わる

外注や設計者が時間をかけて作成していた動画も、Fuzorなら設計データを活かして簡単にそしてスピーディーに作成できます。そのため、説明やプレゼン準備にかかる工数を削減でき、工期短縮につながります。

製品特長

ビデオカメラを持って撮影を行うイメージで、ウォークスルービデオを作成できる

ビデオカメラを持って撮影を行うイメージで、ウォークスルービデオを作成できる

NPC(Non-Playable Character:追加アバター)を追加して、任意の移動パスを設定すれば、NPCを目的地まで歩かせることができ、よりリアルな動画に

NPC(Non-Playable Character:追加アバター)を追加して、任意の移動パスを設定すれば、NPCを目的地まで歩かせることができ、よりリアルな動画に

レポート出力機能付きだから、プロジェクトの早い段階でトラブルを解消

Fuzorはレビュー中に明るさを変更して、室内の正確な明るさのレポートを生成する機能や干渉チェックを行い、検知サポートを出力できる機能を備えています。そのため、プロジェクトの早い段階で不整合の確認や関係者間の合意形成が行え、手戻り作業を削減できます。

Revitとの相互連携により、リアルタイムに編集内容が反映される

FuzorはAutodesk Revitと相互連携可能です。Autodesk Revitで行った修正内容をFuzorに瞬時に反映できます。もちろんBIM情報も常時連携しており、Autodesk Revit側の材料が変更された場合でもFuzor上のBIM情報や関連付けされているテクスチャ情報も更新します。逆に、Fuzorで修正した内容をAutodesk Revitにフィードバックすることも可能です。

Fuzorの価格や動作環境はどうなっていますか?

Fuzorの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

Fuzorをもっと知る

イベント・セミナーで体験する

大塚商会では、全国各地で開催するCADイベント・セミナーを年間約240回行っています。自席で気軽に受講できるオンラインセミナーもご用意し、皆様のお越しをお待ちしています。

イベント・セミナー情報

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP