• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SketchUp Pro 機能紹介

SketchUp Proが親しみやすい3Dモデリングソフトウェアと認知されている理由は、機能追求のために使いやすさを犠牲にしていないからです。SketchUp Proでは、まず線と形を描きます。その表面を押したり引っ張ったりして3Dの形に変えます。引き延ばし、コピー、回転、色塗りなど自由にモデルを作成できます。

主な機能

プッシュ/プル

SketchUp Proのプッシュ/プルツールで押したり引いたりしながら、簡単に3次元モデルを作成いただけます。単なる押し出しだけではなく、ある程度複雑な形状もお任せください。

オービット

モデルの3次元回転はオービットでクルリ。モニターの中に広がる3次元空間を実感いただけます。

マテリアル

画面上でワンクリックでマテリアルを付与。オリジナルの画像データをインポートしてマテリアルとしてご利用いただけます。

Trimble Connect

Trimble Connectを使うとデータの参照や同期、共有が可能になるため、設計/建築プロジェクトにおいては強力なプラットフォームです。無料のアカウントを作成するとすぐにPDFやSKP、DXF、IFCなどのデータをアップロードできます。Trimble Connectはインストーラーに組み込まれており、SketchUpのファイルメニューから直接入れます。

IFCデータの取り扱い

BIMに不可欠なIFCデータのインポートおよびエクスポートの双方向で取り扱えます。扱えるデータはIFC2×3です。

株式会社アルファコックスが提供するPro版の特典

DXFt_importer

DXFt_importerはDXFから図面を取り込むとともに、図面にあるテキストもインポートするプラグインです(SketchUp Pro 2017上でしかご利用になれません)。

BuildMate

BuildMateはメーカー対応によるインテリア・エクステリアのパーツライブラリーです。使用期限は1年間となります(SketchUp Pro 2017コマーシャルライセンス<スタンドアロン>の方のみの特典)。

日本語版ナレッジセンター

ナレッジセンターはお客様専用のヘルプサイトです。SketchUp Pro 2017のプログラムCDに.rbzファイルが格納されています(SketchUp Pro 2017上でしかご利用になれません。また、プロキシサーバーなどを利用している場合にはご利用になれない可能性があります)。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP