• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Vectorworks 製品特長

拡張されたBIMワークフローにも対応(Architect / Designer専用機能)

VectorworksはBIMワークフローを支援する次の機能を備えています。

  • クラウドストレージとの連携したプロジェクト共有。
  • プロジェクト共有の共有管理機能を強化。
  • 図形単位の管理を実現し、利用状況をカラーとスクリーンヒントで即座に判別。
  • Revitデータ形式(.rvtファイル/.rfaファイル)の取り込み。

新規搭載「室内展開図ビューポートを作成」コマンド

室内展開図ビューポートを作成コマンドによって、壁で仕切られた室内の4面展開図を1度に作成できるようになりました。これまで部屋数の多い図面では、特に手数を必要としていましたが、作業効率が格段に向上します。

2D作図、3Dモデリング、レンダリング機能までをVectorworks一つで

Vectorworksは汎用CADのため、部品干渉チェックや構造計算などの専門機能は搭載していません。しかし、図面・3DモデルといったCAD基本機能はしっかり搭載。図面の作成から3Dモデルの生成、CGパース作成までVectorworksだけで全て行えます。

プレゼンボードを作成できる「シートレイヤー」

シートレイヤーを使うと、印刷用紙設定ができるプレゼンボードを作成できます。作図空間のデザインレイヤーに作図した図面や3Dモデル、レンダリング結果ののぞき窓となるビューポートを通してレイアウトでき、参考写真などのイメージも配置可能です。作成したシートレイヤーはDWG、DXF、DWFのレイアウト(ペーパー)空間と互換があるため、ほかのCADソフトウェアとのやり取りにも役立ちます。

全製品で多様なレンダリングが可能に

Vectorworks 2017全製品で次のようなレンダリングが可能です。それぞれの設定をカスタマイズしてレンダリングもできます。

  • 基本となるOpenGLレンダリング
  • 陰線表示の有無を加味した陰線レンダリング
  • 立体感のあるソリッド/シェイドレンダリング
  • 写真のようなフォトリアリスティックを再現するRenderworksレンダリング
  • セル画や鉛筆、筆などのアートレンダリング

グラフィックソフトにも負けないデザイン編集機能

Vectorworksは背景画像、3Dモデルの合成、画像加工編集機能を搭載しているため、グラフィックソフトとしても優れています。図面に色表現や模様、グラデーション、シャドウ(影)を加えれば、プレゼンテーション用に仕上がります。

信頼性の高いベースエンジンParasolidを搭載

VectorworksのCADエンジンは、高精度が要求される製造CAD / CAMの多くで利用され最も優れているとされているParasolid※1モデリングカーネルを採用。このベースエンジンによって、より複雑な図面設計や高度なモデリング処理を可能にしています。

※1 ParasolidはSiemens PLM Software Inc.の登録商標。

WindowsとMacの両OSで動く64bitアプリケーション

VectorworksはWindows、MacどちらのOS環境でも対応している64bitアプリケーションです。お客様のOS環境に合わせて、お選びいただけます。

動作環境

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP