• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

spGate 3次元データの有効活用

spGateにより得られる企業変革の効果(spGateの役割)

一般的な業務フロー

(1)3次元データ流通を妨げる課題と問題点

  • フロントローディングができない
  • コストと時間のロス
  • 他人が作成したモデルが使用できない
  • モデル作成基準が個人毎に違う
  • データ授受時にデータその物に欠損が出てしまう
  • データのバージョン管理ができていない
  • データを利用するための精度保証されていない
  • その他

(2)各プロセスを繋げるためのツール「spGate」で、問題を解決できます

「3次元モデル正」への取り組み、モデル精度・品質保証を行うことで、3次元データ流通が円滑になっていく

(3)データ流通をうまく加速させるためのポイント

  • フロントローディングの展開が可能
  • 使える3次元データの活用による手戻り作業が低減
  • 外注先との密なデータの連繋
  • 業務内/業務間における密なプロセスの連繋
  • 標準ライブラリに対応し、設計を効率化
  • 過去データ活用により、設計を効率化
  • 設計の後工程における3次元データの積極的活用

※使える3次元データであることが前提

企業変革の効果

  • 3次元設計適合範囲の拡大
  • コストと時間の減少

3次元データ流通を促進させるspGateによる取り組み

ワンパッケージでの多彩処理の実現

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP