• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Rebro 機能紹介

Rebroで作成した図面から見積書を作成

Rebroで作図した図面を積算見積ソフト「みつもりくん」で拾い・集計し、見積書を作成できます。そのため、設計部で作成した図面を積算部に受け渡し、スムーズに算出作業に着手いただけます。

  • 数量と共に図面もRebroからみつもりくんに受け渡し、軌跡として表示されるため、拾い出しの根拠が明確。
  • 3Dモデルで渡すため、積算で立ち上げられる。
  • 保温、塗装工事は施工区分をゾーン定義可能。

大規模点群処理ツール「InfiPoints」にも対応

大規模点群処理ツール「InfiPoints」のデータをRebroに取り込み可能です※1。そのため、レーザースキャナーでスキャンした点群データをRebroに取り込み、拾い集計や配管加工など2次利用に活用いただけます。

  • 点群イメージは2次元画像(オルソ画像)に変換して再現。
  • 建築や機器の面形状はワイヤーフレームで取り込み。
  • 配管経路は角度を補正し、取り込み後に材料や保温厚などを設定できる。

※1 取り込み可能なデータはモデリングした配管経路、建築や機器の面形状。

Autodesk Revitとの連携

Autodesk Revitで作図した建築、構造のデータを精度良くRebroに取り込むために、Revitのアドインを開発しました。このアドインで、Revitのデータを専用ファイルに保存し、Rebroで読み込めます。専用ファイルは、IFCファイルより軽量で、建築要素の変換率も高くなります。

例えば、ハンチ梁はIFCでは定義されないため、これまではポリメッシュで形状を再現していましたが、アドインを利用したデータでは、Rebroの「ハンチ梁」として変換ができます。

アドインの設定では、RevitのファミリをRebroの躯体にマッチングします。Rebro躯体への置き換え対象は、梁、柱、壁、床、天井、屋根、ドア、窓、通り芯です。

Autodesk Revitとの連携

勾配

配管サイズに応じて勾配値を設定し、系統全体を一括で勾配処理可能です。また、勾配の基準位置を高さ指定し、勾配付与できます。勾配配管の修正にも対応しており、勾配値を維持して図面を修正できます。

干渉検査

配管・ダクト・ラックなどの設備と建築躯体や機器器具、ユーザー部材との干渉検査を行えます。干渉対象を絞り込んでの検査も可能です。また、他のCADで作成された3D建築データとの取り合いもご確認になれます。干渉リストと図面、CGは連動するため、相互に確認しながら修正を行えます。

自動サイジング

配管・ダクトに流量・風量を設定し、最適なサイズを自動計算して割り当てられます。ダクトは、アスペクト比/幅/厚みを一定にした設定が可能で、図面上で風速・流速をご確認になれます。

カスタムプロパティ

機器だけではなく、Rebroの全ての部材に対してユーザーが自由にプロパティを追加できます。追加したプロパティは部材検索の対象となり、確認モードでプロパティの値ごとに色分けして、表示確認が可能です。IFCやCSVで出力し、他のソフトウェアでも情報をご利用になれます。

カスタムプロパティ

ゾーン

施工区分などの情報を建物内の3次元空間に定義し、設定したゾーンを通過する配管やダクト、配置された機器類に対し、属性情報として付与する機能です。IFC・CSVには、配管・ダクトなどのプロパティとして情報を出力できます。また、IFC形式のゾーン(IfcZone)、部屋情報(IfcSpace)をRebroのゾーンとして読み込めます。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP