• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

VPmapシリーズ

VPmapシリーズはGISのベースマップを作成するために開発されたハイブリッドアプリケーションです。ラスターデータあるいはCADデータからGISに不可欠なベクター、座標付きラスターデータの生成、属性情報の付与を行い、最良のGIS基盤図データを構築できます。

紙地図、航空写真などはGISのための主要なデータソースとなります。GISシステムに不可欠な各種情報(ベクターおよび属性情報)を生成するには多大な労力を必要とします。VPmapシリーズは幾何補正、イメージ修正、対話型/自動変換、属性付加により、高品質且つ効率的に最良なGISデータ構築を可能にします。

VPmapシリーズでできること

VPmapシリーズには、次のような特長があります。

二つのプラットフォームをサポート
Windows スタンドアロン起動、AutoCAD 2007~2015アドオン起動。
完全な64bitアプリケーションとして開発
Windows 7 32bit/64bitに完全対応。
トレース時に発生する各種エラー(アンダーシュートやオーバーシュートなど)を自動修復
トポロジー構造を自動生成後、ポリゴンを自動生成。
多彩なラスター編集機能を搭載
ラスタークリーンナップ、ラスター変形、スケール調整、図面合成機能など。
各種ラスター要素をCAD同様にダイレクト編集
認識要素:ライン、円、円弧、テキスト、ポリライン、ハッチング。
Windows スタンドアロン版はAutoCAD(DWG)互換エンジンを搭載
ラスター/ベクター混在のハイブリッドCADシステム。
その他
  • 任意の属性項目を容易にセット可能。属性クエリ機能併用により、所定レイヤーの図形要素を一括抽出し、随時属性情報の入力ができる。
  • CAD座標系、平面直角座標系、緯度経度座標をサポート。
  • 多点ラバーシート補正により、紙図面のあらゆる歪みを幾何補正し高精度なラスターデータを生成。
  • 自動ラスターベクター変換機能、対話型トレース機能(ポリライントレース、CADトレース)を搭載。
  • 20数種類の入出力フォーマットに加えて、Shape(SHP)/SIMA/MIF(DB付きベクター)、WorldFile(TIF/JPEG/BMP)/GeoTIF(ラスター)などの入出力をサポート。
  • RasterDWG形式により、ハイブリッドファイルを1ファイル化。

価格や動作環境はどうなっていますか?

VPmapシリーズの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP