• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

AutoCAD LT 機能比較

AutoCAD LTにおける機能強化の遷移をご紹介します。AutoCAD LT 2018は外部参照パスの修復、オフスクリーン選択などの機能が強化されました。

なお、AutoCAD LT 2017のサブスクリプションライセンスまたはメンテナンスプランを契約しているお客様は、Autodesk Desktop Appを通じてアップデート可能です。アップデートに同意するだけで、すぐに新機能をご使用いただけます。

機能2018201720162015
ポリゴン中心のオブジェクトスナップ 
スマート寸法 
強化された雲マーク 
システム変数モニター 
PDFインポート  
スマート中心線/中心マーク  
デザインビューの共有  
Autodeskデスクトップアプリ  
外部参照パスの修復※1   
オフスクリーン選択※2   
PDFインポート後のSHX文字認識※3   
高解像度モニターサポート※4   
AutoCADモバイルアプリ※5   

※1 1対1の電話サポートやユーザーフォーラムなど、迅速な回答を得られます。
※2 PDFファイル内のジオメトリをAutoCADオブジェクトとして図面に読み込めます。
※3 デザインビューをクラウドにパブリッシュしてチームメンバーと共有できます。
※4 Autodeskデスクトップアプリを使用して、製品アップデートを簡単に一元管理できます。
※5 関連付けられたオブジェクトを移動すると中心線と中心マークが自動で更新されます。
※6 公式のモバイルアプリ。いつでもどこでもAutoCAD図面を表示、編集、共有できます。

詳しいAutoCAD LT 2018の強化点は次のプレビューガイドをご覧ください。

AutoCAD 2018 / AutoCAD LT 2018プレビューガイド(PDF)[3,093KB]

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP