• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

3Dスキャナー

3Dスキャナーとは、3次元形状を読み取ることができる装置です。特に非接触3Dスキャナーは、物体に触れることなく3次元形状を取得することが可能となります。読み取った3次元形状は、点群データ(点の集まり)で表現され、このデータを元にポリゴンデータや曲面データを生成し、3DCADなどで利用します。

主な利用用途としては、過去製品などの資産を生かす「リバースエンジニアリング」、3DCADデータと実製品の形状差異を比較、検査する「CAT(Computer Aided Testing)」などが挙げられます。

ハードウェア

Artec EVA
ビデオカメラの感覚で、高速に3D形状スキャンが可能なハンディ3Dスキャナー
Artec Spider
誰でも簡単にすばやく、高精度3Dハンディースキャナー
NextEngine Ultra HD
デスクトップサイズの小型3Dレーザースキャナー
PrimeScan
簡単な操作で、工業製品から文化財もスキャニング可能
SmartScan 3D-HE
品質管理、検査、リバースエンジニアリングなどを目的としたハイエンド3Dスキャナー
ZEISS COMET L3D 2
軽量・コンパクトなCOMETシリーズの標準モデル最新機種

ソフトウェア

Geomagic Control X
3Dスキャナーによる、測定データとCADデータとの比較分析ができる品質検査ソフトウェア
Geomagic Design X
3Dスキャンデータを元に3DCADモデルを作成する「リバースエンジニアリング」ソフトウェア
Geomagic for SOLIDWORKS
SOLIDWORKSに完全統合されたリバースエンジニアリングソリューション

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP