• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

AutoCAD Mechanical 製品特長

機械設計向けに強化された作図ツール

AutoCAD Mechanicalには、使いやすく便利で正確に作図することを目的とした専用編集ツールが多々搭載されています。これらのツールによって、機械図面でよく使用する中心線や破線などの描き方を選択するだけで、思い通りの作図をすばやく行えます。

70万点以上の標準部品と形状

何千というパーツを含む機械図面を扱う場合、最初から作図していると膨大な時間がかかります。AutoCAD Mechanicalでは、標準規格に準拠した70万点以上の作成済みパーツを選択して挿入できるため、作図する必要はありません。これらの形状を図面に挿入すると不要な部分が自動的に削除されるため、手作業で再編集する手間も省けます。

強力な寸法編集機能

AutoCAD Mechanicalの強力な寸法記入ツールを使えば、ダイアログボックス内で公差や矢印表示方法などを指定しながら効率的に寸法を記入できます。この機能を使用して、図面上で指定した標準規格に沿った寸法記入や編集を自動で行えます。また、累進寸法や複数の寸法線を均等な間隔で並べるなど寸法の配置に関しても自動で行えます。検査寸法記入機能も搭載しているため、検査用基準値の設定もできます。

関連バルーンと部品

部品表機能は機械図面でよく使われる表現方法が簡単に設定できる機能が搭載されています。設計用と手配用など用途に応じて複数の部品表を作成したり、階層構造を持った部品構成を作成でき、標準パーツライブラリから挿入されたパーツは自動的に認識してリストします。全ての設計データは一元化されたデータベースで管理されており、属性をすばやく追加でき、必要に応じてただクリックするだけで図面を更新できます。シンプルな設定画面で部品の表示状態を簡単にカスタマイズできます。

そして、この部品情報リストのデータは必要に応じてMRP(Manufacturing Resource Planning)やERP(Enterprise Resource Planning)システムなどへ受け渡しできるようCSV形式で書き出せます。

メカニカル ジェネレータとカリキュレータ

機械要素類を作図する場合に、メカニカルジェネレータとカリキュレータツールを使用して作図時間を大幅に短縮できます。このツールでは、シャフト、カム、チェーン/ベルト、ばねを設計できます。必要な設計条件の数値を記入するだけで適切な形状、大きさを算出し、自動的に作図されます。修正の場合も数値を変更するだけで形状が更新されます。

設計の安全性を確認するために梁のたわみ、ねじ/ボルト、軸受などの計算機能も搭載しています。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP