• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SOLIDWORKS PDM Professional 主な特徴

1.設計データを簡単かつ安全に管理する

「必要な設計データがどこにあるか分からない」、「どのデータが最新なのか分からない」、「だれが変更したのか分からない」「データの参照関係が複雑で分からない」…etc. このような経験はありませんか?

Windows エクスプローラーを活用して設計データの改定を管理している企業もありますが、間違ったデータの削除や上書きなど思わぬ事故に遭遇する危険性がありますよね。SOLIDWORKS PDM ProfessionalはWindowsエクスプローラー環境で動作し、あなたに代わって大切な設計データを確実に管理してくれます。

2.ユーザーに優しいインターフェイス

どんなに優れた機能を持っていても使い勝手が悪ければ、せっかくのデータ管理システムも台無しですよね。

SOLIDWORKS PDM ProfessionalはWindowsエクスプローラーに統合された唯一のPDMシステムです。そのためユーザーはPDMシステムを使うために新しいユーザーインターフェイスを覚える必要がなく、違和感なくデータ管理を始めることができます。また、設計者はSOLIDWORKSから直接SOLIDWORKS PDM ProfessionalにアクセスできるためPDMシステムを利用するために複数のウィンドウを立ち上げる必要がありません。

つまり、だれでも簡単に使いはじめることができるわけですね。
使い勝手の良いPDMシステムは設計データの蓄積を加速し、設計再利用を効率的に推進します。

3.検索性の向上でデータ流用率をアップ

履歴管理や保護はどのPDMアプリケーションにとっても重要な機能ですが、設計者のためのPDMシステムを実現するためには設計データの検索と再利用に優れていることが重要です。SOLIDWORKS PDM Professionalでは設計データをファイル名だけではなく、プロパティ情報やステータスなどの検索条件に基づいて迅速にデータを見つけ出すことができます。もちろん検索結果はプレビュー機能で簡単に図面やモデルなどの確認をできるため、ユーザーはいくつものファイルを開いたり閉じたりする必要はありません。

設計関連の文書やモデル、ファイルをすばやく簡単に検索、閲覧できる機能はPDMシステムを導入して最も即座に実感できるメリットですね。

4.複雑なファイル参照情報はSOLIDWORKS PDM Professionalにおまかせ

CADデータは生産性を向上するためにファイル間での参照関係を持ちますが、このことがCADデータの管理を難しくして貴重な設計時間を圧迫する要因のひとつとなっています。SOLIDWORKS PDM Professionalは皆さんに代わって複雑なファイル参照関係の管理と更新作業を実行してくれますので設計者は安心して設計データを扱うことができます。

また、頻繁にバージョンアップするCADソフトウェアへの追従性も重要なポイントですね。

5.クイックスタート

一般的なPDMシステムでは運用にこぎつけるまで、数カ月間かかることもしばしばです。システム設定が複雑なためです。このことは、結果的に導入サービス費用とユーザー負荷を増大することにつながるため、あまり関心できません。

SOLIDWORKS PDM Professionalは実績のある方法論をベースに短期間で確実にシステムを立ち上げることができます。このサービスでは実証済みの安定した技術基盤からデータ管理を開始することにより、PDMシステム導入による効果を短期間に得ることができます。ユーザーニーズに応じて完全にカスタマイズが可能で、柔軟性が高いためにPDMシステム立上げ後に導入効果が確認されてから順次必要な機能を追加していくことが可能です。従って、導入リスクを最小限に抑えつつ確実に設計者のニーズにあった仕組みづくりを実行できるわけです。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP