• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

OPM250L 導入効果

OPM250Lによるプラスチック成形革命

プラスチック製品の射出成形は使用する金型の構造により、成形性能が大きく左右します。特に、冷却配管構造の最適化は冷却ムラ解決、成形縮小率など成形品の品質だけでなく、ひいてはリードタイムの短縮にもつながります。OPM250LはCAEで検証した結果に従い、複雑な冷却配管構造であっても忠実に冷却配管を造形します。

自由度の高い3次元冷却配管構造も忠実に再現

樹脂流動解析ソフト「Moldex3D」を使用すると、通常、2次元的にしか配置できない冷却配管であっても3次元的に配置できます。OPM250LはMoldex3Dで検証した結果に従い、3次元の複雑な配管構造であっても忠実に造形します。

2次元冷却配管は自由度が低い

3次元冷却配管は自由度が高い。OPM250Lは3次元冷却配管も忠実に再現

成形品の変形量を抑制

従来、分割部品を一体化させていた金型加工において、OPM250Lは初めから一体化加工を行えます。そのため、最適な3次元冷却配管を施せるため、成形品の変形量を抑制します。

OPM250Lは初めから一体化加工をでき、成形品の変形量を抑制できる

金型リードタイムの短縮

従来では、膨大な部品と複数の加工機を用いて、金型を製造していました。部品が増えれば増えるだけ設計や管理に時間を費やすのは当然のこと、使用する加工機が増えれば、データ変換トラブルの発生や受け渡し時間も増えていきます。OPM250Lは3次元データがあれば、無人で金型加工を開始するため、従来と比較して約55%(パーセント)もリードタイムを削減できます。

トポロジー最適化形状を金属積層で造形

OPM250Lは、従来の加工では難しかった中空形状を造形できるため、トポロジー最適化で軽量化した部品モデルを造形できます(切削加工は最適化形状の上部のみで、ほかの部分は切削加工を行っていません)。

  元の形状 トポロジー最適化形状
造形(焼結)時間 14時間43分 8時間38分
切削時間 なし 13分(上部のみ)
合計時間 14時間43分 8時間51分
造形物サイズ 98×35×Z 95mm 98×35×Z 95mm
材質 マルエージング鋼 マルエージング鋼
使用工具 なし φ2mmボールエンドミル

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP