事例4 SOLIDWORKS企業研修(工業用・産業用ヒーターメーカー 若手設計者向け)

業種 工業用・産業用ヒーターメーカー
研修人数 5名
日数 4日間
研修コース SOLIDWORKS 基礎
目的 会社へのアピールも織り込んだ、SOLIDWORKSへの移行準備のため。
内容 SOLIDWORKS 基礎コースの内容を基に、業種に応じて内容を割愛・追加するなどアレンジ。テキスト外の内容も業務上必要であれば補足。練習問題で理解度を確認したいとのお客様の要望から練習時間を長めに取得。
  1. SOLIDWORKSの基本とユーザーインターフェイス
  2. スケッチの基本
  3. 基本的な部品作成
  4. 対称と抜き勾配
  5. パターン化(一部は口頭のみでご案内)
  6. 回転フィーチャー(RealViewは除外。解析はSOLIDWORKS Simulationを利用)
  7. シェルとリブ
  8. 編集:修復
  9. 編集:設計変更
  10. 図面の使用
  11. ボトムアップアセンブリの作成
  12. データ管理について(解説用に準備したデータで説明)
  13. アセンブリの使用
コンフィギュレーションと関係式については口頭のみでご案内。
受講者アンケートより
  • 講師の先生には細々した質問、疑問点、遅れないようにご配慮した、適切な対応をしていただき、とてもよい講義でした。
  • もう少し演習を行いたかったです。大変分かりやすく書き方を理解することができました。
  • SOLIDWORKSが初めてだったので、マウスの使い方から教えていただく必要があり、独学で習得するのは難しい内容だと思います。講習に参加して実際に講師の操作を見ながら進められたので、具体的でとてもよかったと思います。
研修担当者様の声 弊社の受講者にとっては難しく感じる内容ではあった様ですが、お陰様で楽しく、充実した四日を送ることができたとの感想でした。今回の受講者たちが起点となって部署全体のスキルアップができるよう、3DCADの実践機会を増やしていこうと考えています。

PAGE TOP