BIMナビ

  1. HOME
  2. ADS-BT Light for Revit 2017無料ダウンロードが登場!

ADS-BT Light for Revit 2017無料ダウンロードが登場!

2016.6.17 無料ダウンロード

ADS-BT Light for Revit 2017はADS-winの計算エンジンを搭載したAutodesk Revit 2017のアドオンとして登場したツールです。Autodesk Revit 2017上で稼働し、斜線制限の鳥籠図、日影規制ライン上での規制ラインチェック、天空率計算の簡易チェック機能を搭載しています。製品版では、新たに基準倍率表・特定点リスト作成機能を搭載し、日影規制の確認申請に必要な図表の作成が可能になりました。

ADS-BT Light操作画面
ADS-BT Light操作画面

動画で分かる ADS-BT for Revit

ADS-BT for Revitでできること(日影計算、天空率計算、斜線 逆日影計算など)を動画にまとめてご紹介します。Revit上での操作方法も必見です。

動画再生(youtubeへ遷移します)

チェック機能

斜線チェック

設定した与条件に基づき、3Dビューへ斜線を考慮した建築可能な空間をメッシュ表示します。メッシュは斜線制限の種別ごとに色分けされて表示されます。

規制ラインチェック・日照定規

規制ライン上での日影チェックを行い、配置した特定点の日照定規を作成します。

簡易天空率チェック

簡易天空率チェックの機能を搭載しています。あらかじめ登録されている、東京、JCBA方式の条件タイプから天空率チェックを行います。

敷地形状および道路の接道状況によっては、解析ができない場合があります。

ADSインポート/エクスポート

Revitで設定した条件をADSデータ(CW3)としてエクスポートできます。ADSデータのインポートは条件と建物ブロックのインポートが可能です。

ADS-BT Light for Revit 2017ダウンロード

ADS-BT Light for Revit 2017のダウンロードは次のフォームよりお申し込みください。ご利用の前に動作環境やカタログご覧ください。

動作環境 Autodesk Revit 2017に準じます。
カタログ ADS-BT for Revitカタログ(PDF)[1,409KB]

ADS-BT Light for Revit 2017 ダウンロードお申し込み

新バージョンもダウンロードいただけます

新バージョンADS-BT Light for Revit2018もご提供しています。次のリンクよりご確認ください。

ADS-BT for Revit Ver7のリリースを記念して、Light版(2018対応)無料ダウンロード開始!

ページトップに戻る