BIMナビ

  1. HOME
  2. 成功事例
  3. 【施工事例】株式会社M&F総合事務所様

【施工事例】株式会社M&F総合事務所様

施工図会社が新たに取り組む施工BIM。施工図専門家だからできるサービスがここにある。

株式会社M&F総合事務所(以下、M&F総合事務所)は、顧客からの要望が強かったBIM対応を推進するためAutodesk Revitを中心としたBIMツールを導入。同時に大塚商会が提供するBIM支援プログラムの中から教育メニューと保守サポートを受けることになった。

「実際に操作してみるとRevitの操作はとても難しかったですね。しかし、大塚商会さんの教育メニューを受講すると、基本的な部分については理解できました。受講前に自力でマニュアルに目を通してみましたが、それだけでは分からないことばかりでした。やはり、質疑応答を通じてBIMに詳しい方に丁寧に教えていただけると、実務レベルでの分かりやすさが違います」と受講した様子を振り返る。

さらにクラウドサービスとして提供されるコラボレーションツールのAutodesk Collaboration for Revitおよび高品質なビジュアライゼーションやバーチャルリアリティ体験も可能とするBIMシミュレーションソフトウェアFuzorも採用。BIMモデルを効果的に活用可能な体制を整え、施工分野における先進的なBIM関連ビジネスを推進している。

効率化と高品質化を求めコラボレーションや可視化のツールも導入

Revitのさらなる活用のために、Collaboration for RevitとFuzorも導入

Revitの活用を推進する中で、コラボレーションを促進できる環境が必要になってきた。

「担当者それぞれのワークステーション上でRevitが稼働しているだけでは、データの共有や共同作業を効率的に進めることが困難でした。埼玉と宮崎という遠隔地間であることを考慮すると、なおさらコラボレーション環境が必要になってきます。」

コラボレーションを促すためには、ワークシェアリングの基盤となるサーバーアプリケーション・Revit Serverを活用する方法があるが、自前でサーバーを用意する必要があり、コストと管理の負担がかかるため導入は見送られていた。

「そうした矢先、建築プロジェクトのコラボレーションを円滑に行うためのAutodesk Collaboration for Revitがクラウドサービスとして提供されることになりました。クラウドサービスであれば初期コストが不要で、管理の手間も必要ないので、早速活用を開始しました。」

さらに、M&F総合事務所はRevitで作成したBIMモデルを可視化するためにFuzorを導入した。Fuzorは3Dデータの生成にゲームエンジンを活用することで、大規模なBIMモデルデータも容易にハンドリングできるBIMシミュレーションソフトウェア。高品質な動画の作成やバーチャルリアリティ体験などに活用できる。また、Revitと相互連携することで、Revitで行った修正内容をFuzorに瞬時に反映できる。

施工分野に軸足を据えて、さまざまな用途でのBIM活用を推進

躯体BIMモデルから現場で利用できる2次元躯体図としての表現まで実現

M&F総合事務所は、Revit導入後、数々の案件でBIMを活用してきた。 「最初は施工の進み具合に応じたステップ図の作成から始め、その後、徐々に本格的な活用が増えてきました。当初は使い方に戸惑っていましたが、今ではさまざまな使い方ができるようになりました。」

また、Fuzorもさまざまな場面で活用されている。

「当初想定していたプレゼンテーションでの活用以外に、社内でRevitのBIMモデルをチェックするためにも使っています。Fuzorでビジュアル化したうえで確認作業を行い、その結果に応じてRevitで修正するのです。Revitのままでは見つけづらい不整合な部分もビジュアル化すると発見しやすくなるので、入念なチェックが可能になります。」

今後も施工分野に軸足を据えながら、さらなるBIMの活用を拡大していく予定だ。

「施工分野でのBIM活用をさらに展開していきたいと考えています。骨っぽい印象を抱かれやすい建築現場ですが、施工BIMモデルとバーチャルリアリティ技術を駆使して、生産性の向上を実現できたらすばらしいと思います。また、BIMモデルを作成した場合、そこから施工図や躯体図を起こしてほしいといったニーズも増えてくるでしょう。それに対応するために、構造躯体のファミリをそろえ、それらに躯体図として表現できる振る舞いを属性として持たせることで、BIMモデルから従来の2次元躯体図のように表現することを実現しました。」

代表取締役 社長の守屋 様曰く、

「施工会社でのBIM活用は、やって損はないと思います。手違いはなくなるし、不整合な部分が分かるようになります。できないことばかりにフォーカスするのではなく、ぜひ、できることを進めてもらえれば、BIM活用の目指すべき方向が見えてくるはずです」とのメッセージもいただいた。

導入事例 詳細

ページトップに戻る