BIMナビ

  1. HOME
  2. BIM人気ソフトウェアを比較

お問い合わせ

BIMに関する技術的な質問から、BIM関連製品の価格・資料請求までお気軽にお問い合わせ下さい。

BIM導入のハードルを大きく下げる方法があります! BIM on VDI

BIM人気ソフトウェアを比較

日本国内で提供されているBIMモデル作成を目的とした、設計向けソフトウェアの特徴をまとめています。業務内容や利用目的・利用環境により選定すべきものも異なりますので、比較表と共に参考にしてください(以下、アルファベット順)。

ArchiCAD

3Dオブジェクトの充実、レイヤーの概念を持っているなど、BIM対応CADへ移行される意匠設計者にはとっては導入しやすいソフトウェア。

GLOOBE

逆日影斜線計算機能により、最大容積形状のモデルを可視化しながら設計が可能。日本の建築基準法に対応をしやすくなっている。

Autodesk Revit

各パーツの持っているデータ情報を生かし、データベースとしてのトータルBIM活用ができ得るBIMソフトウェア。意匠・構造・設備・施工・管理と幅広く対応。

Vectorworks

MiniCad時代よりアップグレードしてきたソフトウェアのため、2D機能も充実しており、使いやすく、デザイン事務所などに根強いユーザーが多い。

BIMソフトウェア価格比較

BIM対応ソフトウェアの価格帯をまとめました。ライセンス形態が異なる場合もありますので、ご参考にしていただければと思います。

ソフトウェア 永久ライセンス 期間ライセンス 保守サービス(年額) 体験版
1年 2年 3年
ArchiCAD ArchiCAD 720,000円 110,000円 あり
ArchiCAD solo 295,000円 72,000円 なし
GLOOBE GLOOBE基本+実施設計 144,000円 ライセンス価格に含む あり
Autodesk Revit AEC Collection 410,000円 820,000円 1,230,000円 ライセンス価格に含む 単体製品ごとにあり
Revit 305,000円 610,000円 915,000円 ライセンス価格に含む あり
RevitLT Suite 81,000円 162,000円 243,000円 ライセンス価格に含む 単体製品ごとにあり
RevitLT 66,000円 132,000円 198,000円 ライセンス価格に含む あり
Rebro Rebro 1,000,000円 180,000円 次年度以降60,000円 なし
Vectorworks Vectorworks Architect 416,000円 116,000円 あり

※ 2017年5月現在。いずれもスタンドアロン版の税別価格。

魅力的な保守サービス、クラウドを動画でご紹介

BIM対応ソフトウェアの保守サービスには、最新版・下位バージョン・Extensionといった追加機能の利用特典ほかに、最近ではクラウドサービスの利用特典も強化されてきています。今回は魅力的なクラウドサービスを動画でご紹介します。

BIM対応ソフトウェア導入の注意事項

BIM対応ソフトウェアを利用するためには、64bit OSやグラフィックスカードを搭載したワークステーションが必要となりますので、ご注意ください。

各製品の動作環境については、メーカー Webサイトにてご確認ください。

BIMが分かる資料を無料プレゼント

BIMが分かる、お試しできる無料資料を取りそろえています。ぜひダウンロードしていただき、BIMを知ってください。

無料資料ダウンロード

ページトップに戻る