BIMナビ

  1. HOME
  2. 日影解析

データ連携マップ

  • 環境解析
  • 日影解析
  • BIM
  • 構造モデル変換
  • デザインレビュー
  • チェックレビュー

お問い合わせ

BIMに関する技術的な質問から、BIM関連製品の価格・資料請求までお気軽にお問い合わせ下さい。

BIM導入のハードルを大きく下げる方法があります! BIM on VDI

日影解析

ADS8

高さ制限解析専用システムとして20年の実績を誇る「ADS Family」は、斜線・逆日影・日影計算機能に加え、天空率解析機能(改正建築基準法対応)を搭載しています。

ADS8

どこがBIMなの?

Revitで計画されたモデルをADSで取り込むだけでなく、ADSでシミュレーションされたボリュームスタディ結果をRevitに取り込むこともできます。 これにより、“Revit上で高さ制限空間を考慮しながら計画”及び“RevitモデルをADSで高さ制限解析”の双方向が可能となります。

ワンポイント 逆天空率

逆天空率は逆日影とは異なり、比較する元の建築物(適合建築物)がなければ算出できないため、更地の状態での算定はできません。ADS8の逆天空率機能は、天空率算定をOKにするための、建物影響範囲をいくつかの手法でシミュレートする機能などが実装されています。

ページトップに戻る