BIMナビ

  1. HOME
  2. 体制を作る

導入ステップ

ステップ1体制を作る

  1. ステップ1体制を作る
  2. ステップ2環境を整える
  3. ステップ3ソフトを学ぶ
  4. ステップ4実践する
  5. ステップ5標準化

お問い合わせ

BIMに関する技術的な質問から、BIM関連製品の価格・資料請求までお気軽にお問い合わせ下さい。

BIM導入のハードルを大きく下げる方法があります! BIM on VDI

体制を作る

目標設定

BIMを導入する目的を検討し目標設定を行いましょう。従来の2DCADの目的は製図の効率化でしたが、BIMの導入は、単なる製図ツールのバージョンアップではなく、企業戦略にもなる得るものです。企業の抱える課題、弱みなどを洗い出し、BIMによって解決できるところを検討しましょう。そして短期、中期的な目標設定を行い、導入計画を行いましょう。

社内ワーキング

BIMは急速に技術が進歩しているので、新しい情報の収集が重要です。現在利用しているツールの新機能や、新しいBIM対応製品、業界動向など収集すべきものは多岐に渡ります。収集した情報を整理して、、社内ワーキングや、既存の会議のなかにBIMのコマを設けるなどして、社内へ対して発信していきましょう。

社内啓蒙

BIMツールを導入しても、担当する一部のメンバーのみしかBIMを認識していなければ、企業でのBIMの普及は見込めません。BIMを社内へ啓蒙し、今後、社として取り組んでいく「BIM」へ対する理解を得ることもBIMを推進していく上で必要です。

導入計画をご支援します

大塚商会では、BIM導入のための体制つくりをご支援いたします。企業向けBIMセミナーからBIMメンバー向けのソフトウェアの体験コースの実施、ソフトウェア選定などの具体的な導入計画や、目標設定のためのお手伝いをいたします。まずはご相談ください。

ページトップに戻る