• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

設変追従機能強化でコンカレントエンジニアリングを支援

XVL Studio Ver. 12.0で設計変更の利便性を大幅向上

ラティス・テクノロジー株式会社(以下ラティス)は設計変更への追従機能を大幅に強化した「XVL Studio Ver. 12.0(以下、新バージョン)」を2013年4月19日より販売開始しました。

ラティスの軽量3次元データ「XVL」は、世界レベルの3D基本性能を持つことから、その活用ソリューションは国内外の数多くの製造業で採用されています。軽量なXVLは工程を設計し、それを作業指示書作成に利用したり、部品の分解手順を定義しそれをパーツカタログに利用するなど設計の後工程で広く利用されてきました。

設変追従機能強化でコンカレントエンジニアリングを支援  イメージ

設計変更前後の差分を正確に確認

一方、コンカレントエンジニアリングが普及に伴い多くの企業で後工程での作業着手後、設計変更が生じる場合が多く発生し、先行して作成していたパーツカタログや作業指示書の修正の手間が大きくなるという問題がありました。

新バージョンではCADの設計変更前後の変化点を分かりやすくリスト表示し、形状が変わった場合には、3Dで形状の差分を確認できるようになりました。生産技術やサービス部門のCADに不慣れな担当者でも変更箇所を的確に指示し、XVL内に定義された工程情報やサービスに必要な情報を半自動的に更新することが可能です。

設計変更前後の変化点を分かりやすくリスト表示

設計変更前後の変化点を分かりやすくリスト表示

この結果、設計変更に追従してパーツカタログや作業指示書を迅速かつ正確に修正できるようになりました。大規模製品の組付工程では、モジュールをサブ組みしておいてそのモジュールを本組みしていくといった工程になるのが一般的です。新バージョンではこのような複雑な工程における設計変更前後の差分も正確に検出し、必要な情報更新を的確に行い、設計変更前に作成された作業指示書も半自動的に更新することが可能です。本製品は今年5月、7月に開催されるXVL3次元ものづくり支援セミナーにて展示予定です。

ラティスは本製品により、設計変更による後工程への悪影響を最小限にとどめることで、製造業におけるフロントローデイングをさら推進していく考えです。

XVL3次元ものづくり支援セミナー2013東京・名古屋

※ なお上記機能の中で、作業指示のための工程情報の設変対応はXVL Studio Pro/Standard、パーツカタログのための形状・属性情報の設変対応はXVL Studioシリーズ+イラスト作成オプションで実現できます。

製品情報

製品名

XVL Studio Pro/Standard/Basic Ver. 12. 0

動作環境

OS Windows 7 日本語版または Windows 7 x64 日本語版、Windows Vista 日本語版
Windows XP 日本語版 SP1 以降または Windows XP Professional x64 Edition 日本語版
Windows 8 日本語版または Windows 8 x64 日本語版

価格

製品 ライセンス(税別) 保守(税別)
XVL Studio Basic 200,000円 40,000円
XVL Studio Standard 700,000円 140,000円
XVL Studio Pro 1,500,000円 300,000円
イラスト作成オプション 200,000円 40,000円

※ 既に各製品をご購入いただいているユーザ様で年間保守にご加入いただいている方は、追加費用なくご利用いただけます。

XVLについて

XVL(eXtensible Virtual world description Language)は、XML(eXtensible Markup Language)をベースとした超軽量3D表現として、ラティスが提唱する表現形式です。XVLを用いることで、3DCADなどで生成されたデータを数百分の1にまで軽量化することができます。また、メモリが少ない環境で巨大な3Dデータを高速表示する技術の実装により、ネットワーク環境での3Dデータ共有に最適な形式です。さらに、XVLに変換されたデータは、無償のXVLPlayerで閲覧が可能です。※

現在、干渉チェック機能を搭載したDMUや3Dビジュアル作業手順書を作成するソリューションが市場で高く評価されています。ラティスのXVLは世界中の自動車産業、航空機産業、電機産業など多くの製造業の企業で採用されています。3Dデータの精度と構成情報を保ちながら軽量にデータ表現できるという特徴から、デザインレビュー、機構シミュレーション、工程設計、作業指示、部品表、イラスト作成などの用途に活用されています。製造業の大手では3DCADの普及により蓄積された3Dデータの有効活用を目的に、XVL製品を全社規模で導入するケースが増加し、国内外で急速に普及が進んでいます。

※ 無償XVLPlayerについては下記をご覧ください。

XVLで製造業の3Dデータ活用を支援するラティス・テクノロジー

ラティス・テクノロジー株式会社

ラティス・テクノロジー株式会社はネット上での軽量3Dソリューションを提供するために1997年10月、慶応義塾大学(当時)の千代倉弘明教授らが中心となって設立したソフトウェアベンチャ企業です。世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術「XVL」をベースとした3Dデータ活用ソリューションを提供しています。設計を検証するデジタルモックアップから設計・製造情報を伝達するためのテクニカルドキュメントまで、3Dデータ活用のソリューションを幅広く提供しています。

本社 〒102-0074 東京都千代田区九段南3-8-11 飛栄九段ビル4F
サイト ラティス・テクノロジー株式会社
代表取締役社長 鳥谷 浩志
資本金 7億円
設立 1997年10月

XVLはラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。
その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP