• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

プレゼンテーションが上手と言わせたいなら「SOLIDWORKS Composer」

3次元CADが主流となっている今、設計で作成した3次元データを設計以外の業務へも流用する方法が考えられています。その一つとして、製品会議やプレゼンテーションへの利用が挙げられます。SOLIDWORKSで作成された設計データを「eDrawings」というビューアーソフトを用いて表示・閲覧することで、画像や文書情報よりも正確・直感的に製品形状を把握できます。

しかし、本当に有効なプレゼンテーションはできているのでしょうか?ビューアーで見ることができる外観形状だけでは、内部構造や分解状態などの製品の詳細を伝えることはできません。

お勧めツールはSOLIDWORKS Composer

SOLIDWORKS ComposerはSOLIDWORKSで作成された3次元設計データを直接読み込み、さまざまな表示状態を作成できるオーサリングツールです。モデルの移動・回転などにより、任意の表示状態を作成し、ファイル内で管理・保存できます。

また、モデルの分解工程を表すアニメーションを作成できるため、製品の形状や組み立て工程を詳細に把握できるデータ閲覧が可能です。

CADデータを基に文章作成に必要となる画像データやアニメーションを自由に作成できる

CADデータを基に文章作成に必要となる画像データやアニメーションを自由に作成できる

実際のプレゼンテーションではこう活用しよう

事前にSOLIDWORKS Composer上でマークアップや注記、寸法を加えた任意の表示状態を作成します。これらの表示状態へ瞬時に切り替えることで、プレゼンテーション中のお客様からの要望にも柔軟に対応できます。

  • 作成した表示状態へいつでも切り替え
  • 注記、寸法、バルーン、部品表付きの分かりやすい表示状態作成
  • アニメーションによる組み立て工程再現

表示を切り替えて詳細な形状確認が可能

表示を切り替えて詳細な形状確認が可能

無償提供ツールでドキュメントファイル上でも3次元形状を閲覧

SOLIDWORKS Composerにて作成したファイルは無償提供されている「SOLIDWORKS Composer Player」で、SOLIDWORKS Composerと同様にデータ閲覧できます。

また、OfficeドキュメントやPDFへSOLIDWORKS Composerデータを埋め込むと、ドキュメントファイル上でも3次元形状を閲覧できます。

SOLIDWORKS Composer Player 無償ダウンロード(英語)

詳細資料

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスに関する詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP