• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ラティス、量産設備の開発支援ソリューションを一新

2016年1月14日、ラティス・テクノロジー株式会社(以下ラティス)は、製造用の設備や装置開発のコンカレント化を強力に支援する新たなXVL / Vmechソリューションを1月14日より提供開始しました。

海外工場のトラブル防止! 複雑化した設備を事前検証、安定生産へ

顧客ニーズが多様化する中、世界の消費地に向けて高品質製品をタイムリーに供給するために、これを製造するための量産設備や装置は、複雑化・大型化の一途をたどっています。一方、市場がグローバル化する現在、国内のマザー工場や装置開発メーカーから提供される設備を海外工場に持ち込み、量産する製造業が増えてきました。

海外工場に設備を持ち込んで、正常に稼働させるまでには、メカ・エレキ・制御ソフトの調整が必要となりますが、不具合の発生や仕様の不整合などでトラブルが発生し、量産時期が遅れたり、市場の求める数だけ安定的に生産ができなかったりといった問題が頻発しています。そこで、ラティスは、複雑な設備のメカ設計とそれを駆動する制御ソフトの事前検証を行うことで、未然にトラブルを防止し、仕様の不整合をデジタルモデルで検証する新たなソリューションをご提供します。

軽量なXVLモデルでメカ設計・制御ソフト開発をサポート

本ソリューションの中核となるのは、設備のメカ設計と制御ソフト開発を支援する二つの製品です。

XVL Kinematics Suiteでメカの先行検証

メカ設計支援には、複雑化する製造設備の3DCADモデルを軽量なXVLで表現し、装置がどう稼働するかを動的干渉チェックで検証する新製品XVL Kinematics Suiteをご提供します。

メカ設計と制御仕様の整合性を確認
  • タイミングチャート駆動
  • 動的干渉チェック

XVL Kinematics Suite

仮想メカ、タイミングチャート イメージ

仮想メカ、タイミングチャート イメージ

XVL Vmech Simulatorで制御ソフトの先行検証

制御ソフト開発支援には、これまで実機で検証していた制御ソフトを軽量XVLモデル上で仮想検証可能にするXVL Vmech Simulatorをご提供します。

仮想メカを使って先行デバッグ
  • 実装ソフトによる制御
  • 動的干渉チェック

XVL Vmech Simulator

PLC、仮想メカ イメージ

PLC、仮想メカ イメージ

運用支援サービス提供開始。高品質な量産設備の開発に貢献

多忙な現場を支援する運用支援サービスを開始します。新手法を導入するために人的リソースが投入できない企業へは機構モデルの作成、制御ソフト検証環境の構築などのサービスをご提供します。

新製品とサービスの提供で、設備のメカ検証と制御ソフト検証を並列に進められ、品質の高い設備の早期開発を実現することで、量産工場の垂直立ち上げに貢献します。

XVL 製品情報

XVL Kinematics Suite

XVLデータでデザインレビュー、工程設計・検証、3Dデータ編集・閲覧を行うDMUツールXVL Studio Standardと、機構の定義・動作確認やタイミングチャートによるシナリオ動作・動的干渉チェックを行う機構オプションをパッケージ化。3次元CADではできない大規模設備モデルの機構検証を可能とし、実機完成前にメカ設計の妥当性や制御仕様の妥当性を検証できます。

製品 価格(税別) 保守料金(年間、税別)
XVL Kinematics Suite 2,200,000円
(ノードロックライセンス)
440,000円

XVL Vmech Simulator

XVL Kinematics Suiteで作成された機構モデルに、モーターやセンサーなど制御デバイスの仮想モデルを関係付け、制御コントローラーの接続設定を行うことで実装ソフトウェアの仮想デバッグを可能とします。通信インターフェイスは、使用するコントローラーに合わせてオプション製品としてご提供しています。また、制御デバイスとコントローラーの入出力をモニターしたり強制変更(いじわるテスト)が可能なユーティリティをバンドルしました。

製品 価格(税別) 保守料金(年間、税別)
XVL Vmech Simulator 4,000,000円
(ノードロックライセンス)
800,000円

XVLについて

XVL(eXtensible Virtual world description Language)は、XML(eXtensible Markup Language)をベースとした超軽量3D表現として、ラティスが提唱する表現形式です。XVLを用いることで、3DCADなどで生成されたデータを数100分の1にまで軽量化することができます。また、メモリーが少ない環境で巨大な3Dデータを高速表示する技術の実装により、ネットワーク環境での3Dデータ共有に最適な形式です。さらに、XVLに変換されたデータは、無償のXVL Playerで閲覧が可能です※。

※ 無償XVL Playerについては次よりご覧ください。

XVLで製造業の3Dデータ活用を支援するラティス・テクノロジー

ラティス・テクノロジー株式会社

ラティス・テクノロジー株式会社は、ネット上での軽量3Dソリューションを提供するために1997年10月、慶応義塾大学(当時)の千代倉弘明教授らが中心となって設立したソフトウェアベンチャー企業です。世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術XVLをベースとした3Dデータ活用ソリューションをご提供しています。設計を検証するデジタルモックアップから設計・製造情報を伝達するためのテクニカルドキュメントまで、3Dデータ活用のソリューションを幅広くご提供しています。

本社 〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル10階
サイト ラティス・テクノロジー株式会社
代表取締役社長 鳥谷 浩志
資本金 7億円
設立 1997年10月

Vmech、XVLはラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。
その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP